8075034138_d149aacbf2_b

 

食品衛生管理者は、食品衛生法48条の規定によって、製造又は加工の過程において、特に衛生上の考慮を必要とする食品、又は添加物で、食品衛生法施行令で定めるものの製造又は加工を行う営業者は、その製造又は加工を衛生的に管理させるため、施設ごとに専任の食品衛生管理者を置かなければならないことになっています。

また、営業者は、食品衛生管理者を設置したときは、15日以内に都道府県知事(保健所)に届けでる必要があります。

食品衛生管理者は、厚生労働省が管轄下の国家資格となります。

規制対象食品は、全粉乳(その容量が1400グラム以下である缶に収められるものに限る)、加糖粉乳、調整粉乳、食肉製品、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、放射線照射食品、食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る)、マーガリン、ショートニング、添加物(食品衛生法第11条第1項の規定により定められたものに限る)とされています。

以上のことを、簡単にまとめると、食品衛生管理者は、衛生的に食肉製品や、魚肉ハム・ソーセージなどの加工食品の製造や加工を行なうにあたり必要な資格です。

食品衛生管理者の資格を保有したい場合の説明にうつります。

食品衛生管理者は、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

①医師、獣医師、歯科医師、薬剤師

②四年制大学で、医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の過程を修めて卒業したもの

③厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生管理者の養成施設において所定の過程を修了したもの(栄養士又は、管理栄養士養成学校などに併設していることが多いです。)

④厚生労働省が学力があると認めたもので、食品衛生管理者の設置義務がある食品、または添加物の加工の衛生管理の業務に3年以上従事し、かつ厚生労働大臣の登録を受けた講習の過程を修了したもの。

つまり、食品工場などで衛生管理の仕事を3年以上行なっていなければ受講資格はありません。また、講習は有料です。講習を経て食品衛生管理者の資格を取得した場合は、3年以上従事した製品業、または加工業と同種の施設においてのみ食品衛生管理者として働くことができます。

つまり、魚肉ハムを扱った工場で3年以上従事し、講習を経て取得した資格は、マーガリン製品業者では使えないということになります。 講習についてですが、先ほども述べた通り有料であって、不定期(数年毎)に業種指定で実質されています。

開催期間は約、30日間です。 講習科目は、一般共通する科目として、公衆衛生概論、食品衛生法及び関係法令、食品と添加物の基準規格、化学概説、細菌学序論、毒物学、食品学、施設における衛生管理です。

乳製品関係科目として、細菌学実習、乳製品検査法、乳製品検査実習、施設見学ならびに臨地訓練。 食肉製品関係科目として、細菌学実習、食肉製品検査法、食肉製品検査実習、施設ならびに臨地訓練。 添加物関係科目として、分析法概論、添加物鑑定法、添加物鑑定実習、施設ならびに臨地訓練。

この講習にかかる費用は約30万円するようです。

講習会の修了者に対して、修了証明書が発行されますが、全講習の90パーセント以上の出席率があること、各科目ごとの講習を50パーセント以上出席することが試験対策になるようです。

以上のように述べましたが、講習を受けずとも養成施設を卒業すると、取得出来る資格でありますので思った以上に資格保持者はいると思われます。

食品衛生管理者の仕事内容です。

食品衛生管理者は、当該施設において、食品又は添加物に関して、違反の防止や食品衛生上の危害を防止するため、当該施設における衛生管理の方法や食品衛生に関して必要な注意を行ない、営業者に対して意見を述べる必要があります。

また、営業者は、食品衛生管理者の意見を聞き入れ尊重しなければなりません。 就職に関してですが、主な活動の場は、食品メーカーや食品の製造加工工場などになります。一施設において設置人数は一人で良いので、狭き門です。

この資格での就職は難しいかもしれません。 また、食品衛生管理者は、資格を取得しただけでは、職業名として名乗ることが出来ず、この資格を活かすことが出来る仕事に就いてこそ初めて効力が発揮されます。

この資格のメリットですが、転職のさいに食品に関連した企業への就職が有利になったり、就職したさいに職務手当がつく可能性があるので基本給が高くなる可能性があります。 よくある質問についてです。

食品衛生管理者と食品衛生責任者の違いについて述べておきます。 食品衛生管理者は、乳製品、食品添加物、食肉製品、食用油脂など、特定の食品を製造する施設に一人置く必要があるものです。

それに対して、食品衛生責任者は、飲食店や、販売店、食品製造施設など営業許可施設ごとに一人配置する必要があります。(食品衛生管理者を置く必要のある施設は除きます) つまり、食品衛生管理者は食品衛生責任者の上位資格になります。