094737

 

腎生検は生検針を用いて、経皮的に腎臓を穿刺して、腎組織の一部を採取し病理学的検査を行う方法です。

腎疾患の確定診断や治療方針の確立、臨床経過や予後判定の目的で実施されます。

方法は大きく2種類あります。病棟の検査室や病室で局所麻酔を行い超音波ガイド下で実施する方法、手術室で全身麻酔下を行い背部を切開して実施する開放腎生検という方法です。通常は超音波ガイド下で実施されますがリスクの高い患者様は開放腎生検が行われます。超音波ガイド下で実施する腎生検の最も多い合併症は出血です。そのほかに迷走神経反射による血圧低下や気分不良、長時間の仰臥位による腰痛等があります。

<腎生検の適応>

① 血尿が持続し慢性腎炎が疑われる場合
② 大量の蛋白尿や浮腫が見られる場合
③ 0.3~0.5g/日移乗の蛋白尿が持続している場合
④ 急性進行性腎炎が疑われる場合
⑤ 原因不明の腎不全で、腎臓の大きさが正常な場合

 

<腎生検の禁忌>

 

① 腎動脈瘤
② 腎周囲膿瘍、腎周囲炎、腎盂腎炎(状況によります)、
③ 水腎症
④ 腎機能低下による萎縮腎
⑤ 多発性嚢胞腎
⑥ 検査中や検査後に支持を守ることができない方
⑦ コントロール困難な出血傾向や高血圧がある場合

 

<腎生検が危険または困難な場合>

 

① 高度の高血圧
② 高度の腎不全
③ 出血傾向
④ 全身衰弱
⑤ 片腎
⑥ 肥満者

 

<腎生検における看護の要点>

 

① 患者様が納得できる検査の説明を行います。
・ 検査の必要性を理解でき、不安なく検査に望めるように援助します。
・ 検査中の指示を理解できるように援助します。
・ 検査後の安静の必要性を理解し合併症を起こすことがないように援助します。
② 検査前の食事と飲水の禁止
・ 気分不良時の嘔吐を防ぐため、患者様の状態を整えておきます。
③ 検査中の医師の介助と患者様の状態の観察、記録
・ 検査がスムーズに進行できるように介助を行います。
・ 患者様に異常がないか観察を行います。
・ 検査中の局所麻酔使用量、検査実施時間、穿刺腎、バイタルサイン等の記録を行います。
④ 検査後の観察
・穿刺孔からの出血兆候の早期発見に努めます。
⑤ 検査後の安静と床上排泄の援助
・ 安静を保つことが出来るように安静中の食事形態の変更(おにぎり等)や食事の介助、床上排泄の援助、身の回りの環境整備を行います。

 

<腎生検前日までの援助>

 

① 検査の説明を実施します。
・ 検査の必要性、方法、所要時間、合併症等についての説明を実施し、承諾を得ます。
・ 検査前の絶食、内服、検査後の安静について理解できているか確認をします。
② 術前検査の確認を行います。
・ 血圧測定、末梢血液検査、出血時間、凝固時間、血小板数、BUN
・ 胸部レントゲン
③ 床上排泄の練習を行います。
・ 検査後床上安静になるため、床上排泄の練習を行います。
④ 検査時の息止めの練習を行います。
⑤ 薬の内服は医師の指示を確認します。
・ 抗血小板薬や抗凝固薬内服時には特に注意が必要です。
⑥ 不眠にならないように対応します。

 

<腎生検の実際>

① 処置室、超音波機器、必要物品の準備を行います。
・ 処置ベッドに腰枕、防水シーツを敷きます。
・ 超音波機器の電源を入れます。また、医師が処置しやすい位置に設置します。
・ 物品を準備します。(滅菌手袋、バイオプシーガン、生検針、防水シーツ、摂子、綿球、イソジン、滅菌ガーゼ、滅菌穴あき敷布、滅菌敷布、10ml注射器、注射針、局所麻酔薬、伸縮性のある固定用テープ、腰枕、砂嚢、標本用容器、汚染ゴミ用袋)滅菌敷布の上に必要物品を準備し、操作しやすい場所に設置します。
② 患者様の準備を行います。バイタルサインの測定を行います。
・ 検査直前に飲食していないことを確認します。
・ 排尿を済ませてもらいます。
・ 準備した処置ベッドの上に腹伏位になってもらいます。
③ 医師が超音波で腎臓の位置を確認します。
④ 滅菌手袋を渡します。
⑤ 消毒の介助をします。
・ 摂子を使用し医師にイソジンに浸した綿球を滅菌操作で渡します。
⑥ 局所麻酔薬の介助をします。
・ 滅菌注射器、注射針を渡し、局所麻酔薬を吸ってもらいます。
⑦ 医師が超音波下で生検針を用いて穿刺します。
・患者様に深呼吸し息を止めてもらうように声をかけます。
⑧ 同様の方法で2~3回穿刺します。
⑨ 生検針が抜去されたらガーゼを当てて5~10分程度圧迫止血します。
⑩ 採取した組織を専用容器に入れます。
⑪ 止血確認後、消毒しガーゼを当てて伸縮性の固定用テープで圧迫固定し砂嚢をあてます。
⑫ 衣服を整え、汚れがある場合はふき取ります。仰臥位にしてからストレッチャーに移します。
⑬ 病室に戻り静かに水平移動します。
⑭ バイタルサインの測定を行います。
⑮ 安静の確認を行い必要時はナースコールを押してもらうように説明します。
・検査後4時間程度は仰臥位絶対安静、その後、医師の診察後ベッドギャッジアップ可と徐々に安静度が拡大していきます。翌日までベッド上安静となります。
⑯ ナースコールや患者様の必要物品を手の届くところにおいておきます。
⑰ 片付け、記録を行います。
⑱ 検査終了後適宜バイタルサインの測定、腹痛の有無、血尿の有無を確認します。
⑲ 適宜床上排泄の援助を行います。