ビタミンは生命の維持に不可欠な有機化合物ですが、生体ではほとんど合成されません。

そのため食物を通してビタミンを摂取する必要があります。

 

ビタミンは溶解性の違いにより水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられます。

水溶性ビタミンは過剰に摂取しても尿として体外に排出されるため過剰症の症状は見られにくいです。

水溶性ビタミンには、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンがあります。脂溶性ビタミンは体外に排出されにくく肝臓をはじめとする体内に蓄積していきます。そのため摂取過剰による副作用が現れる危険性があります。脂溶性ビタミンには、ビタミンA,D、E、Kがあります。

ビタミンB1

穀物の胚芽に多く含まれています。また、ジャガイモ、野菜、動物の内臓にも含まれています。
・ 欠乏症 脚気(腱反射消失)、多発性神経炎、浮腫、心臓肥大、ウェルニッケ、コルサコフ症候群
・ 過剰症 報告されていません。

 

ビタミンB2

 

すべての動植物細胞に存在します。酵母、穀物の胚芽、肝臓、牛乳、チーズなどに多く含まれています。
・ 欠乏症 成長停止、口唇口角炎、角膜炎、シビ・ガッチャキ症、脂漏性皮膚炎
・ 過剰症 報告されていません。

 

ビタミンB6

 

すべての生きた細胞に含まれています。酵母、穀物、緑黄野菜、内臓、乳製品に豊富に含まれています。
・ 欠乏症 皮膚炎、貧血、けいれん、先端疼痛症、浮腫
・ 過剰症 感覚神経障害

 

ビタミンB12

 

微生物によってのみ合成されます。動物性の臓器に含まれています。
・ 欠乏症 悪性貧血、神経疾患、DNA合成異常
・ 過剰症 報告されていません。

 

ナイアシン

・ 欠乏症 ぺラグラ、口舌炎、胃腸病、皮膚炎、神経症状
・ 過剰症 消化不良、肝臓障害

 

葉酸

 

通常の食生活ではほとんど欠乏は認められませんが、妊娠中の女性には欠乏が認められることがあります。
・ 欠乏症 大赤芽球性貧血、出血傾向、免疫低下
・ 過剰症 皮膚炎 蕁麻疹

 

パントテン酸

 

多くの動物性食物に含まれています。酵母や緑黄色野菜にも含まれています。
・ 欠乏症 アセチルコリンやコレステロール性ホルモン生成能の低下、副腎障害、めまい、   成長停止、頭痛、焼けるような足の痛み、手の麻痺
・ 過剰症 報告されていません。

 

ビオチン

 

酵母、動物の内臓、卵黄に豊富に含まれています。
・ 欠乏症 血清・尿中ビオチン量減少、カルボキシラーゼ活性低下
・ 過剰症 報告されていません。

 

ビタミンC

 

新鮮な果物やジャガイモに豊富に含まれています。
・ 欠乏症 壊血症、皮下出血、骨形成不全、貧血、成長不全、歯肉色素沈着症、アルカリ性フォスファターゼ活性の低下
・ 過剰症 報告されていません。

 

ビタミンA

 

食物中に含まれているカロチノイドという前駆物質から生体内で合成され肝臓に蓄積されます。肝臓、バター、牛乳、卵、魚油に多く含まれています。
・ 欠乏症 夜盲症、乾燥眼炎、易感染性、皮膚や粘膜上皮の角化、骨や歯の発育不良、成長停止
・ 過剰症 レチノ―ルやレチニルエステルの形で摂取された場合に副作用として出現します。下痢、頭痛、嘔吐、肝機能障害、妊婦の場合は胎児奇形があります。

 

ビタミンD

・ 欠乏症 小児ではクル病、成人では骨軟化症、骨粗しょう症
・ 過剰症 高カルシウム血漿、腎障害、軟組織の石灰化障害

 

ビタミンE

 

穀物、植物油、葉緑野菜などに含まれています。
・ 欠乏症 歩行失調、腱反射消失、位置感覚障害
・ 過剰症 報告されていません。

 

ビタミンK

 

緑黄野菜には主にビタミンK1が含まれています。牛乳、乳製品、肉、卵、果物および一般野菜類にはビタミンK2が比較的多く存在します。
・ 欠乏症 血液凝固時間延長、新生児の場合はカリウム欠乏性頭蓋内出血
・ 過剰症 ビタミンK1、K2については大量に摂取しても毒性はみとめられていません。