意識を一言で説明することはなかなか難しいです。そのため、臨床では意識そのものについてではなく「意識が正常であるとひとはどのような状態か」、「意識が障害されると人はどのような状態になるのか」といった内容から状況を判断していきます。

そのため、意識レベルの観察は、外界からの刺激にたいして適切な反応があるかどうかを判断することです。

意識が正常な人を意識清明といいます。

意識清明とははっきり目を開けていて、周囲との会話の内容や対応に混乱がなく、手足を目的に応じて動かせる状態です。

 

意識障害の分類や評価の方法として状態を客観的に観察した内容と刺激に対する反応などから分類するものがあります。

 

Ⅰ、ジャパンコーマースケール(JCS 3-3-9度方式)

この分類は日本で考案されたスケールです。日本では一般的に用いられています。

覚醒状態を開眼して瞬きをしている状態としています。

覚醒の程度で大きく3群に分け、各群を刺激に対する反応や意識の内容によりさらに3段階に細かく分類されます。

 

Ⅰ、刺激しなくても覚醒している状態

1、大体意識清明だが、今ひとつはっきりしない          (1)

2、見当識障害がある                      (2)

3、自分の名前、生年月日がいえない               (3)

Ⅱ、刺激すると覚醒する状態(刺激をやめると眠り込む)

10、呼びかけで容易に開眼する                 (10)

20、大声または体を揺さぶることにより開眼する         (20)

30、痛み刺激を加え、呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する  (30)

Ⅲ、刺激しても覚醒しない状態

100、痛み刺激に対し払いのけるような動作をする        (100)

200、痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめたりする   (200)

300、痛み刺激に反応しない                  (300)

 

レベルの評価は該当するⅠ~Ⅲに()中の数字をつけて表記します。

例えば、刺激しなくても覚醒している状態で、自分の生年月日が言えなければ「Ⅰ―3」と表記します。

 

Ⅰ群は刺激しなくても覚醒している状態をさらに1~3で表しています。見当識については「人、所、時」について適切な応答が出来るか判定します。「今日は何日ですか?」「ここはどこですか?」といった内容を質問します。そしてすぐに答えられるか、頓珍漢な内容ではないかを調べます。

 

Ⅱ群は刺激すると一時的に反応する状態をさらに10~30で表しています。呼びかけの声の大きさ、体が反応する刺激の程度を調査し分類します。

 

Ⅲ群は痛み刺激を与えても覚醒しない状態を100~300で表します。痛み刺激を与え、その反応によって分類します。痛み刺激は患者様の爪を検者の爪で強く圧迫する等の方法がとられます。身体反応の種類は「顔をしかめる」「四肢を伸展する」「四肢を屈曲する」等があります。

 

Ⅱ、グラスゴーコーマスケール(GCS)

この分類は世界で使用されている分類方法です。開眼状況、最良言語反応、際医療運動反応をそれぞれ評価し得点を合計する方法です。3~15点となり、点数が低いほど意識状態が悪いと判断されます。

観察項目 反応 点数
開眼 自発的に開眼する

呼びかけにより開眼する

痛み刺激により開眼する

まったく開眼しない

最良言語反応 見当識あり

混乱した会話

混乱した言葉

理解不明の音声

まったくなし

最良運動反応 命令に従う

疼痛部を認識する

痛みに対して逃避する

異常屈曲

伸展する

まったくなし

 

Ⅲ、その他

JCSやGCSによる分類がよく用いられていますが、より具体的に意識障害の状態を表す用語があります。

  1. 昏迷
  2. 繰り返し強い刺激を与えると、やっと覚醒する状態です。簡単な動作が出来ることもあります。
  3. 傾眠
  4. 簡単な刺激で覚醒します。刺激がないとすぐに眠り込んでします状態です。覚醒しているときは多少の錯乱はありますが、ほぼ清明で打差もほぼ正しく行える状態です。
  5. せん妄
  6. 覚醒していますが、見当識障害があり、しばしば昼夜逆転を起こしています。錯覚や幻覚があり、意味のない言葉を発したり、暴れたりすることもあります。
  7. 無欲求
  8. 覚醒していますが、周囲に関心がなく静かな状態を言います。