全身清拭はどのような健康状態の患者様にも対応できる全身の清潔保持が出来る看護技術です。病状によりシャワーや入浴が出来ない患者様にとっての保清方法です。また、倦怠感が強くシャワーや入浴が出来ない患者様も清拭なら実施できる場合があります。一緒に陰部洗浄を行うことが多いです。患者様の状態により全身を清拭する場合と部分的に清拭する場合があります。また、病院や病棟によって異なりますが、清拭車を使用して各部屋を順番に回って清拭を行う場合や個別に対応し清拭を行う場合があります。ここでは病棟で一般的によく用いられている清拭タオルを使った全身清拭方法について説明します。

<目的>

・ 全身の皮膚表面に付着している垢や汚れ、汗を除去し、清潔にするとともに感染を予防します。
・ 身だしなみが整うことにより、心身の爽快感につながります。
・ 全身を見る機会になるため、全身状態の観察が出来ます。
・ タオルを使用して拭くことにより、皮膚への刺激となって血液循環が良好になります。
・ 清拭時の他動運動や自動運動によって関節や筋肉への刺激となり、筋肉や関節の拘縮を予防します。

<注意事項>

・ リハビリにつながるため、自分で出来るところは自分で拭いてもらいます。
・ プライバシーに配慮します。
・ 不要な露出は避けます。
・ 患者様の体温、呼吸、血圧、脈拍等の全身状態を観察してから実施します。また、清拭実施後にも大きく常態の変化がないか注意します。
・ 湿疹、発赤、乾燥、色、出血班、外傷等がないかといった皮膚状態を観察します。
・ 皮膚状態の観察後、必要に応じて医師に報告、処方、処置を行います。
・ ドレーン挿入時には固定がしっかりされているか注意します。
・ 清拭中に輸液ルートやドレーンを引っ張らないように注意します。

<必要物品>

・ 50度前後に温められたタオル2枚(体用と陰部用)
・ 手袋
・ エプロン
・ 陰部洗浄をする場合は同時に陰部洗浄の準備をします。
・ 使用済みのタオル入れ
・ 着替え
・ 下着またはオムツ
・ 靴下

<手順>

① 患者様に全身清拭について説明を行い、承諾を得ます。意識のない患者様にも声をかけます。
② 必要物品を準備します。
・患者様のロッカーを開けて着替えを準備する必要がある場合は必ず患者様に声をかけます。
③ 室内の環境を整えます。
・ 室温は24度前後に設定します。また、隙間風が入らないようにします。
・ カーテンを閉めてプライバシーを保護します。
④ タオルの温度が適温であることを確かめます。
⑤ 顔・頚部の清拭をします。
・ 自分でふける患者様は自分で拭いてもらいます。また、洗面できる患者様は省くことがあります。
・ タオルを半分に畳んで顔に軽く当て蒸してから拭きます。
・ 目頭から目尻に向かって拭きます。左右でタオルの面を変えます。
・ 前額部を中心部から左右に拭き、鼻、頬、鼻翼から口の周囲を8の字を描くように拭きます。
・ 頚部を胸のほうに向かって拭きます。

⑥ 上肢の清拭をします。
・ 手指、手掌、手背、前腕、上腕、肩、腋下の順に末梢から中枢に向かって清拭をします。
・ 次に反対側の上肢も同様に行います。

⑦ 胸部、腹部の清拭をします。
・ タオルを半分に畳んで胸にあて蒸してから拭きます。
・ 乳房は外から内側に向かって円を描くように拭きます。
・ 乳房が下がっている人はタオルで乳房を上げて、下になっている部分も拭きます。
・ 腹部は腸の走行に沿って円を描くように拭きます。
・ 側腹部は縦方向に拭きます。

⑧ 背部・臀部の清拭をします。
・ 側臥位にします。
・ タオルを半分に畳んで背部にあて蒸してから背中全体を拭きます。
・ 左右に分け、腰部から頚部まで一直線上に拭き、頚部から腰部までらせん状に拭きます。
・ 陰部用のタオルを使用して臀部の丸みに沿って拭き、肛門周囲は最後に拭きます。

 

⑨ 下肢の清拭をします。
・ 足指、甲、裏、下腿、大腿の順に末梢から中枢に向かって清拭をします。
・ 清拭をしていないほうの下肢は掛け物やバスタオルで覆い不要な露出を避けます。
・ 次に反対側の下肢も同様に行います。
⑩ 陰部の清拭を行います。
・ 可能であれば陰部洗浄を実施することが望ましいです。
・ 陰部用のタオルを使用します。
・ 自分で出来る患者様は自分で拭いてもらいます。
・ 前から後ろに拭き、1面ずつ変えてきれいな面で拭けるようにします。
⑪ 新しい下着やオムツ、衣服を着せます。寝具を整えます。
⑫ 片付けや記録を行います。