静脈内に針を刺入して薬液を直接血行内に注入、迅速かつ確実な効果を期待する方法です。

≪目的≫

・生体に不足している水分を補給します。
・体内の電解質バランスの補正と維持を図ります。
・経口摂取が不可能な患者への栄養補給を行います。
・治療上必要な薬剤を投与します。

≪使用物品≫

・静脈内注射の使用物品
・注射指示箋
・薬液ボトル、アンプル等
・輸液セット(注射針、びん針、点滴筒)
・翼状針、静脈内留置針(必要時)
・上肢固定板(必要時)
・離被架(必要時)
・イリゲータスタンド
・絆創膏とはさみ
・トレー

≪留意事項≫

・処方された薬液について、あらかじめ作用、副作用を理解しておきます。
・不明点等があれば、あらかじめ医師に確認します。
・薬液が抗生剤の指示の場合、禁忌薬剤の有無を確認します。
・抗生剤開始時には、抗生剤に関する問診をし、アレルギー傾向がないかを確認します。
必要時、医師の指示により抗生剤テストを実施します。
・薬液の量(本数)と所要時間を患者に説明し、協力を得ます。
・実施前に排泄の必要があればすませておきます。
・実施時間が長いので実施中の観察を十分に行います。
・薬液の滴下状態や刺入部分の液もれ、腫脹、一般状態に変化がないかを観察します。
・長時間に同一体位でいることは、身体的にも精神的にも苦痛を伴います。全面的な体位交
換ではなく、膝を曲げたり、肩甲部にバスタオル等を差し込んで少し体位を変更したり、
話しかけたりして、患者の安楽や安心をはかることに留意します。
・遮光を要する薬液の場合は、ボトルに遮光袋を掛けます。
・患者誤認、誤薬の防止のため, 薬剤の準備は1患者1トレーにします。

≪実施方法≫

①看護師は、石鹸と流水で手を洗います。
②薬液ボトルに入っている薬液のほか、アンプルやバイアルの薬液を混合する場合は、患者
に不安を抱かせないようにするためにも準備室で行います。
(1)薬液を薬札、指示箋と確認します。
(2)ボトルの中に混入する薬液を注射器に注射針を接続して吸い上げます。
(3)ボトルの栓カバーをはずし、(2)をボトルのゴムの部分に注射針を刺し入れ、十分に混
和させます。
③輸液セットの入った袋を開いて、その中のびん針のプロテクターを外して、ゴム栓に直角に刺し込みます。
④点滴筒(滴球)に薬液を1/3~1/2まで入れます。
⑤エア針が必要なボトルの場合は、そのプロテクターを取り、ゴム栓のエア部に刺し込みます。
⑥接続管を下垂させて注射針のプロテクターを外します。
クレンメを少し開いて点滴筒以下の管、タコ管、注射針の中に薬液を通し、空気が抜けたらクレンメをとめ、注射針のプロテクターをして薬液の流出をとめます。このとき落下する薬液は膿盆で受けます。
⑦使用する物品の全てをトレーにのせ、患者のところに運び、カーテンをします。
⑧医師が患者に実施内容を説明し、必要に応じて看護師が補足説明して、患者の承諾、協力
を得ます。
⑨ボトルをイリゲースタンドに掛けます。
⑩注射部位の静脈を注射しやすいよう怒張させます。
⑪注射部位をアルコール綿で清拭します。
⑫接続管、タコ管、注射針の中に空気が入っていないことを再確認し、医師または医師の指示により、看護師が注射針を刺入します。
⑬血液が注射針に逆流して、血管内に注射針が入ったことを確認したら駆血帯を外し、手を開かせます。
⑭注射針の刺入角度が動かないように針基の下に刺入角度に合わせて滅菌ガーゼを折って入れ、針の接続部とタコ管を絆創膏で固定します。
翼状針、静脈内留置針は、刺入角度が特にないので、そのまま固定します。
⑮注射部位を滅菌ガーゼで軽く覆い、絆創膏で固定します。
絆創膏は、注射部位の観察が十分にできるように、注射針に影響しない部分の1か所とし、不潔にならないように取り扱います。
⑯注射針を動かさないようにして、注射部位の下に敷いた肘まくら等を取り除き、空気を入れた固定版の上(注射部位の下)に清潔なタオルを敷きます。
⑰クレンメを緩め、医師の指示した注入速度に調節します。
⑱注入速度の調節後、しばらく患者を観察し、注入速度、注射部位、患者の症状に異常がないかを確かめます。掛け物を注射部位の上に掛けるときは、離被架を用います。
⑲不要になった使用物品は、準備室に持ち帰り、始末します。看護師が部屋を出るときは、ナースコールを患者の手元に置き、患者がいつでも看護師を呼べる状態にしておきます。
⑳薬液がボトルから全部なくなる寸前にクレンメをとめ、アルコール綿を注射部位に押さえるようにあてます。注射部位が肘窩部の場合は、肘関節を曲げて止血を促します。
注射針にはキャップをして、点滴セットの部品を膿盆に入れます。
○21患者の衣服をもとどおりにし、安楽な体位にして寝具を整えます。
○22全身及び局所において、注射による異常や変化がないかを観察します。
○23使用した物品を準備室に戻したあと、片付けをして記録します。

(後片付け)
①滅菌、消毒の必要な物品は所定の方法に従って滅菌、消毒します。
中央材料室で滅菌されているものは規定の方法でまとめておきます。
②注射針と注射器はそのまま医療廃棄物用の容器に入れて廃棄します。
また、感染性疾患の患者に使用したものは、感染性廃棄物として廃棄します。
③記録を書きます。