導尿とは一時的に尿道口からカテーテルを挿入して膀胱内に貯留した尿を排出させる方法です。導尿には一時的導尿と持続的導尿(膀胱留置カテーテルを留置する方法)があります。一時的導尿は医療者が行うものや自己導尿があります。原則的に無菌操作で行います。

<目的>

・ 尿閉時の排尿処置
・ 残尿量の測定
・ 尿路感染の防止
・ 無菌尿の検体採取
・ 膀胱の過伸展防止

<応用>

・ 膀胱洗浄
・ 膀胱への薬物注入

<適応>

・ 尿検査
・ 尿道狭窄
・ 前立腺肥大
・ 禁制膀胱造設術後
・ 二分脊椎
・ 脊髄損傷
・ 糖尿病による末梢神経障害
・ 直腸や子宮といった骨盤内手術後
・ 脳神経障害の後遺症

<注意点>

・ 外陰部を露出して行う処置となるためプライバシーに配慮します。
・ 不要な露出を避けます。
・ 尿量や色、浮遊物といった尿の性状等の観察を行います。

<必要物品>

・ 処置用シーツ
・ 尿器
・ フォーリーカテーテル(14~18Fr)
・ 潤滑剤
・ イソジンに浸した綿球(陰部消毒用)
・ 摂子
・ 滅菌ゴム手袋
・ 膿盆
・ ティッシュ
・ バスタオル

<手順>

1、 患者様に導尿の必要性や方法を説明し承諾を得ます。また、意識のない患者様にも声かけを行います。
2、 衛生学的手洗いを施行します。
3、 必要物品を準備します。
4、 カーテンを閉めてプライバシーを保護します。
5、 患者様の体位を整えます。
・ 男性の場合:仰臥位で下肢は伸ばしたままにします。
・ 女性の場合:仰臥位で膝を立て、股関節は外転・外旋させます。
6、 臀部下に処置用シートを敷き、下着を取ります。この時露出は最小限になるように、下肢はバスタオルで覆います。
7、 滅菌手袋を装着します。
8、 消毒綿で外尿道口を消毒します。
・ 男性の場合:利き手と逆の手の母指と人差し指でペニスを持ちます。亀頭部を露出させて外尿道口を開き中心から外側に円を描くように消毒します。
・ 女性の場合:母指と人差し指で陰唇を開いて、左右の小陰唇の内側と中央を上から下に向かって3回消毒します。一回ずつ新しい綿球で消毒します。この時、尿道と膣の位置をよく確認しておきます。こうすることで膣への誤挿入を予防します。

カテーテルの先端10cmのところまで、潤滑油をつけます。
10、患者様に深呼吸をしてもらいます。または、口から「ふー」と息を吐くように説明します。
11、カテーテルの先端から数cmのところを摂子で把持し、外尿道口から挿入します。摂子が使用しにくい場合は滅菌手袋で挿入を行います。
・男性の場合:亀頭部を露出させたまま陰茎を腹壁から60~90度に持ち上げます*。そしてカテーテルをゆっくりと外尿道口に挿入します。前立腺肥大がある場合は無理に挿入しないようにしましょう。無理に挿入すると大出血を起こします。
* 男性の尿道はS状に屈曲しているため、陰茎を持ち上げることで尿道をまっすぐな状態に保ちカテーテルを挿入しやすくします。

・女性の場合:外尿道口にゆっくり挿入します。この時膣と間違えないように注意します。10cm挿入しても尿が流出しない場合は膣に挿入された可能性が高いです。膣と間違えて挿入した場合は新しいカテーテルと交換します。
12、男性の場合はそのまま20cm、女性の場合は3~4cm挿入します。尿の流出が見られたらさらに数cm挿入します。尿の流出が見られない場合は下腹部を圧迫してみると良いでしょう。
13、カテーテルをしっかり把持しながらカテーテルの後端部を尿器にたらします。
・この時腹圧でカテーテルが抜けないように注意します。
14、完全に尿の流出を確認したら、カテーテル内の尿が逆流しないように静かにカテーテルを引き抜きます。
15、陰部の汚れをふき取ります。
16、手袋をはずします。
17、患者様に終了したことを告げ、衣服や体位を整えます。
18、後片付けをし、記録をします。量や色、混入物の有無、透明度等を記録します。