手を温かいお湯に浸して洗うことを手浴といいます。寝たきりで移動困難な方はなかなか手を洗うことが出来ません。手を拭くだけでは汚れをおとしきることは難しくなります。また、治療上やむを得ずミトンをはめている患者様は手が湿潤状態にあります。そのため、垢がたまりやすくなり臭いもあります。手をお湯に浸けることで垢や汚れを落としやすくなります。温かいお湯に手をつけることでリラクゼーション効果が高まります。また、血液循環の促進にもつながります。そして、高齢者や麻痺のある方にとって、温めることで関節の拘縮予防にもつながります。

1目でわかるこの記事の内容!

<目的>

・ 清拭だけでは落とせない汚れを落とせます。
・ 手を湯につけるため、末梢が温まることで血液循環が良くなり、また関節の拘縮予防にもつながります。
・ 手を湯につけて洗うため、終了後に爽快感が得られます。
・ 手を湯につけている間、リラクゼーション効果があります。

<必要物品>

・ 洗面器(38~40度のお湯を入れておく)
・ ピッチャー (50度程度のお湯を入れたもの*)
* 持ち運んでいる間にお湯の温度が冷めるので熱いくらいの温度で準備しておきます。そうすることで使用時には人肌程度の温度になっています。
・ 防水シーツまたはレジャーシート ・タオル2枚 ・石鹸
・ 湯に入れたい場合は入浴剤やアロマオイル(患者様の状態や好みに合わせて使用するかどうか決定してください)

<手順>

1、 患者様に手浴について説明します。意識のない患者様にも実施していくことを伝えましょう。
2、 必要物品をそろえます。洗面器には半分程度38~40度のお湯を準備しておきます。体温よりやや高めの温度を設定しておくことで、患者様の好みに合わせて水を足し温度を下げることが出来ます。また、半分程度に湯量を抑えておくことで、洗い流しをした後に湯量が増え洗面器からあふれることを防ぎます。
3、 必要物品をベッドサイドに準備し、カーテンを閉めプライバシーを保護します。
4、 座位保持が可能な場合は座位をとってもらいます。難しい場合は側臥位になってもらいます。
5、 防水シーツまたはレジャーシートを敷きその上にタオルを敷きます。座位保持可能な患者様の場合は患者様の前にセッティングします。側臥位の患者様は体の横(手を湯に浸せるところ)にセッティングします。必要に応じて手の下にクッションを敷く等し、患者様がケア中に無理のない体勢を作ります。その場合はクッションの上にも防水シーツがかかるようにセッティングします。石鹸も近くにおいておきましょう。
6、 湯の入った洗面器を敷いたバスタオルの上におきます。少量のお湯をかけて患者様にお湯の温度を確認します。麻痺のある患者様には必ず健側で確認します。
7、 片手ずつ湯に入れます。手を入れてみて温度調整がまだ不十分であれば、患者様の手にかからないように静かに水やお湯を足して調節します。
8、 適温になればしばらく手をつけておきます。しばらく手をつけておくことで皮膚がふやけ汚れを落としやすくなります。また、血液循環を促進させることが出来ます。ここで入浴剤やアロマオイルが入っている場合はよい香りが漂うため、よりリラックス効果が高まります。
9、 タオルに石鹸をつけて洗います。指の間は汚れがたまっているので、よく洗いましょう。指の間を広げすぎたり、ごしごしこすると痛いのでやさしく洗います。麻痺のある患者様は健側から洗います。麻痺のある手は普段握っていることが多く、関節を動かしにくい状態にあります。指先から急に広げると痛みがあります。そのため、掌に近い関節から指先へと広げるようにしましょう。

 

10、 洗い終わったら、片手を宙に浮かしピッチャーのお湯をかけてすすぎます。タオルでしっかりと水分をふき取ります。手の指の間の水分もしっかり拭き取りましょう。
11、 片方の手も同様にすすぎ、水分を拭き取ります。
12、 防水シーツと洗面器をベッドから取り除きます。
13、 爪が伸びている場合は爪切りを行います。ミトンをはめている方の手や麻痺のある方の手は爪が伸びていることが多いです。湯に浸したことで爪が柔らかくなり切りやすくなっています。
14、 体位を整えます。
15、 後片付けを行い、記録します。浮腫の有無や発赤がないか爪の状態はどのようであるかを手浴中にしっかり観察しておきましょう。