足浴とは湯を足につけて洗う方法のことです。病状や障害、身体制限によってなかなか入浴できない患者様に対して実施します。座位や臥床したままでも実施できます。清拭だけでは落とせない汚れも、湯に浸して洗うことで落とすことが出来ます。また、患者様に使用して問題がなければ、使用する湯に入浴剤やアロマオイルを入れればよりリラックス効果が高まります。ここでは臥床したままの足浴を詳しく説明していきます。

1目でわかるこの記事の内容!

<目的>

・ 清拭で落とせない汚れを落とせます。
・ 湯に足をつけるため、末梢が温まることで血液循環が良くなります。
・ 湯に足をつけて洗うため、終了後に爽快感が得られます。
・ 湯に足をつけている間、リラックスできリラクゼーション効果があります。

 

<必要物品>

・大型の洗面器(高さがあるもので足首以上つけられるものの方がよりリラックス効果が高いです)
・ ピッチャー ・バケツ(50度程度のお湯を入れたもの*)
* 持ち運んでいる間にお湯の温度が冷めるので熱いくらいの温度で準備しておきます。そうすることで使用時には人肌程度の温度になっています。
・ 防水シーツ ・タオルケット ・バスタオル2枚 ・石鹸
・ 湯に入れたい場合は入浴剤やアロマオイル(患者様の状態や好みに合わせて使用するかどうか決定してください)

 

<手順>

1、 患者様に足浴について説明します。意識のない患者様にも実施していくことを伝えましょう。
2、 必要物品をそろえます。大型洗面器には半分程度39~40度のお湯を準備しておきます。体温よりやや高めの温度を設定しておくことで、患者様の好みに合わせて水を足し温度を下げることが出来ます。また、半分程度に湯量を抑えておくことで、洗い流しをした後に湯量が増え洗面器からあふれることを防ぎます。
3、 必要物品をベッドサイドに準備し、カーテンを閉めプライバシーを保護します。
4、 患者様に仰臥位になってもらいます。衣服の裾を膝上まで上げます。
5、 足元にタオルケットをかけて、膝のところまであげます。タオルケットの両端を持ち膝から大腿下に差し入れます。
6、 膝を曲げて立ててもらいます。大腿下にやや大きめのクッションを置いておくと固定されます。片麻痺のある患者様は膝が倒れてしまわないように麻痺のあるほうの足の外側に枕を置いて固定するか、タオルなどで膝のところを軽く結び固定しておきます。
7、 防水シーツを敷きその上にバスタオルを敷きます。防水シーツはクッションも被うように敷くとクッションを濡らすことがありません。石鹸も近くにおいておきましょう。
8、 湯の入った洗面器を敷いたバスタオルの上におきます。少量のお湯をかけて患者様にお湯の温度を確認します。麻痺のある患者様には必ず健足側で確認します。
9、 両足を入れます。足を入れてみて温度調整がまだ不十分であれば、患者様の足にかからないように水やお湯を足して調節します

足浴

 

10、 適温になればしばらく足をつけておきます。しばらく足をつけておくことで皮膚がふやけ汚れを落としやすくなります。また、血液循環を促進させることが出来ます。ここで入浴剤が入っている場合は足をお風呂につけているような感覚を味わうことが出来ます。
11、 タオルに石鹸をつけて洗います。指の間は汚れがたまっているので、よく洗いましょう。指の間を広げすぎたり、ごしごしこすると痛いのでやさしく洗います。
12、 洗い終わったら、片足ずつ患者様の下腿を看護者の前腕で支えるように、下腿の下から手を入れて踵を手掌で持ち上げます。そしてピッチャーのお湯をかけてすすぎます。水滴を軽くふき取り洗面器の横に脚を下ろします。足の指のまでしっかりふき取ります。バスタオルを上からかけておきます。こうすることでもう片方の足をすすいでいる間、足先が冷たくなりません。

 

13、 片方の足も同様にすすぎ、ふき取りを行います。
14、 防水シーツと洗面器、クッションをベッドから取り除きます。
15、 膝と寝衣を元に戻します。
16、 爪が伸びている場合は爪切りを行います。湯に浸したことで爪が柔らかくなり切りやすくなっています。
17、 後片付けを行い、記録します。浮腫の有無や発赤がないか爪の状態はどのようであるかを足浴中にしっかり観察しておきましょう。