看護師は離職の多い職種として知られています。

統計によると、1年で10%もの人が何らかの理由で離職しています。

離職率の差

離職には2種類あり、離職したあと転職する場合と、離職のみをする場合があります。

離職のみをする場合として

・結婚

・出産

などが挙げられます。

看護師は女性が多いため、転職をしない場合の離職率だけを考えても比較的高めになると言えます。

転職を含めた離職率は日本看護師協会の調べ(2013年)では

常勤看護師:11%

新卒看護師:7.5%

となっています。

一般的な大学卒業者新卒離職率が18%であるのに比較すると低めに思えますが、実情を見てみるとそうでもないことが分かります。

新卒の離職率を少し詳しく見てみますと、

99床以下の病院における新卒離職率:約13%

500床以上の新卒離職率:約7%

と倍近い差があるのが分かります。

さらに都道府県別新卒離職率を見てみますと、

東京都:9.6%

秋田県:3.2%

と約3倍の差があることが分かります。

最後に設置主体別新卒離職率を見てみると

個人病院:19.6%

公的医療法人:6.9%

とこちらも3倍近い差があるという結果になっています。

結婚や出産と言った以上の要因が明らかに存在していることがよくわかりますね。

 

離職(転職)理由

 

看護師が転職する5大理由というものがあります。

 

・給与

・人間関係

・転居

・労働時間(夜勤などを含む)

・やりがい

本音と建て前があるため、正確な統計を取ることは不可能でしょう。

仮に給与面の不満で転職した人も、表向きは仕事のやりがいなどで辞めたということが多いのです。

転職者へのアンケートを、記名式で募集した場合は「給与」が記載されることは少ないのですが、匿名にした瞬間「給与」の記載が増えるという話もあります。

それはさておき、上記5つの理由が転職理由として多いのは確かでしょう。

それに加えて、満足にサポートを受けられないということもありそうです。

個人病院で新卒の離職率が特出して高かったのは、さまざまな待遇面もあると思いますが、しっかりとしたサポートが受けられなかったという面も大きいと思われます。

具体例:ブラック病院で働くと言う恐怖

新人教育に割くだけの余裕がないということですね。

これは大規模病院程離職率が低くなる点や、東京都や大阪府で離職率が高い点などからも読み取れます。

規模が小さくなればなるほど「分業」が難しく、また大都市程純粋な患者数の関係で業務量が多くなる傾向にあります。

これらの理由によって1人1人の仕事量が増えてしまい、他者のサポートが受けられず、また他者をサポートする余裕がなくなってしまう。そのことで人間関係までも悪くなってしまい、更に離職率が高まるという悪循環に陥ってしまう訳です。

そういった医療施設は年中求人を出しており、無料で利用できる求人チャネルを使って採用コストを減らす傾向にあります。

なお、日本看護師協会の調査によると離職理由の1位(合計)は以下のようになっています。

 

⇒看護師の離職理由1位

 

転職の理由は以下の通りです。

 

⇒看護師の転職理由1位とは?

 

⇒看護師転職理由第2位はこちら

 

転職する際に重要なこと

 

日本看護師協会のデータはあくまでも全体の平均の話です。

当然の如く離職率の高い病院とそうでない病院が存在しています。

転職するのなら離職率の低い病院に就職したいと誰もが思うでしょう。

でも、外からそれを伺い知るのは困難です。

ホームページやハローワークの求人票に離職率の記載項目はありません。

そこで利用したいのがやはり転職支援サイトです。

ただ、他のページでも述べている通りサイトによっても差が激しいですし、同じ会社の人間の中でも差が激しいです。

良い転職エージェントならば、離職率の高いような病院を無条件でお勧めしたりはしません。

転職希望者のことを真に考えるエージェントであれば、希望者の力になろうと思うはずです。

転職支援サイトの数は両手では数えられないほどありますが、そういったエージェントを抱える転職サイトの数は片手で数えられる程です。

良い転職サイトを見分けるコツとしては、情報収集に熱心かどうかという点に着目すれば自ずと答えが出てきます。

例えば「ナースではたらこ」というサイトでは、転職後のサポートを厚くすることで実際の転職者から生きた情報を得ています。

そうすることによって評判のよくない病院を紹介しないようにしているんですね。

 

button_010

 

⇒ナースではたらこの評判を見る

 

また「看護のお仕事」というサイトは地域専任エージェントを特定の地域に設置することで、その地域に特化したアドバイスをすることを重視しています。御祝い金が出る点なども大きな魅力です。

 

button_007

 

⇒看護のお仕事について更に詳しく見る

 

以上のように会社単位での取り組みをしているサイトも魅力的ですが、ナースフルのように優秀でやる気のある人間だけを厳選して採用するという方法も魅力的だと言えますね。

 

ヴぇbutton_001

 

⇒ナースフルの口コミを見る

 

いずれにせよ、紙の上だけで判断するのではなく、実際の情報を知ってから転職先を決めるのが良いでしょう。