看護師が転職する際考慮に入れたい項目の一つに病院の規模があります。

規模の定義は機関によって様々です。

一般的には病床数500以上を大規模病院、100未満を小規模病院とすることが多いと思います。

離職率で比較する大規模病院・中規模病院・小規模病院

 

日本看護協会が調査した規模別の離職率は以下のようになっています。

 

新卒看護師離職率(2014年度) 全体平均7.5%

 

99床以下:14.9%

100以上200未満:10.7%

200以上300未満:8.7%

300以上400未満:6.8%

400以上500未満:8.0%

500床以上:6.5%

 

新卒の看護師においては規模が大きくなるにつれて離職率は下がっているという統計結果になっています。

数字に多少の誤差はあれど、2013年度の結果もやはり病院規模と離職率の関係は同様になっています。

200床を下回る規模の病院では、1年で1割以上の新卒看護師が辞めているのに対し、大規模病院では6~7%と離職率に倍近い数値の差があるのが読み取れます。

次に常勤看護師の規模別離職率を見てみましょう。

 

常勤看護師離職率(2014年度) 全体平均10.8%

 

99床以下:12.7%

100以上200未満:12.3%

200以上300未満:11.1%

300以上400未満:10.6%

400以上500未満:9.8%

500床以上:10.3%

 

看護師は新卒の離職よりも常勤の離職率の方が高い職種です。

これは看護師の離職理由の多くが結婚や出産であることと関係がありますが、常勤の離職に関しても医療施設の規模と離職率の相関関係が見て取れます。

2013年度の統計結果に関しては2014年度以上に差があり、99床以下の離職率は13.2%、500床以上の離職率が2014年度同様10.3%となっていることからも新卒と同様の傾向が読み取れます。

 

給与面で比較する医療施設と規模

 

残念ながら規模別に給与額を算出した資料は見つかりませんでした。

ただ、一般的には規模の大きな病院の方が年収は高めになります。

看護師の年収は基本給+手当+賞与で決まります。

基本給は実は病院によってそこまで大きくはないのですが、手当と賞与の額が医療施設によって大きく異なるのです。

以下は無作為に選んだ500床以上の大規模病院と99床以下の小規模医療施設の公開されている給与例です。

*地理的要因を排除するために同じ都道府県・区市町村内で統一してあります。また勤務形態も夜勤ありの常勤看護師求人と条件はそろえてあります。

 

大規模病院A:病床数約600 基本給:214,300円  手当:看護職手当、夜勤加算手当、準夜・深夜手当、住宅手当等 計約月5万 賞与:年2回 6.2ヵ月+α

 

小規模診療所B:病床数約60 基本給:約22万 手当:夜勤手当:15,000円~/回 住宅手当等 計約3万 賞与:年2回 1.5か月

 

基本給はむしろBの方が高いのですが、手当や賞与の面で大きな差があるのが見て取れます。

勿論病院や科目によって手当の種類や額は異なりますし、条件は年度によって変わるのですが、殊給与面に関しては資力の高い大規模病院の方が良いという傾向にあると言えます。

 

労働時間で比較する医療施設と規模

 

医療施設に限った話ではないのですが、正確な労働時間を算出するのは不可能と言えるでしょう。

同じ病院内でも科目や病棟によっても違うでしょうし、急性か慢性かの違いもかなり大きいと思われます。また、悲しいことですが日本と言う国はサービス残業を美化する傾向にあるため調査結果と実地が大きく違ってしまいます。

そのためか、先述致しました通り入職前と入植後に感じるギャップの中で最も高い数値を出しているのがこの労働時間の部分となっています。

実際にサービス残業が多いなど入所後にギャップを感じた方の意見を見てみましょう。

 

051521s【勤務している(いた)都道府県名及び市町村(区)をお願いします】
大阪府〇〇市
【勤務先の最寄駅をお願いします】
京阪〇〇駅
【現在(勤務時)の年収をお願いいたします】
270万円
開く

 【病院内の雰囲気などをお願いいたします】
若い看護スタッフが多い印象です。食堂で昼食を採っていてもそこでご飯を食べているスタッフは20~30歳代です。OPE室で勤務していましたが、全員20~30歳でした。唯一師長だけが50歳代で40歳代はいない様な状況でした。何故だろうとは思っていましたが、子育て世代はかなり続けにい環境です。と言うよりは、子育て世代はほぼ外来へ回されます。院内保育がある訳ではありませんし、電車通勤の方がかなり多く、出勤時間も早い中、自宅近くの保育所に子供を預けて出勤出来る程時間に余裕がない勤務時間になっています。病棟は勤務時間の1時間前には出勤し情報を取っていて当り前、仕事が終るのが2時間位遅くても残業代が付かないのは当り前でした。それでは子供を育てながらはかなり難しい環境だと思います。
OPE室はほぼ未婚者、既婚者も子供がいないという状況でした。夜中でも呼び出される、待機というシステムがあるのでおいおい寝ていられません。
【夜勤やサービス残業などはどの程度ありますか?】
OPE室なので夜勤はありませんでしたが、夕方に緊急OPEの患者さんはいました。時間のかかるOPEなら夜中にタクシーで帰る事になる場合もあります。OPE件数はかなり減っていましたが慢性的に看護スタッフ不足なので翌日も出勤が通常でした。サービ残業は毎日ほぼ2~3時間近くありました。その事に対して何も言わない先輩はそこで10年近く勤務しているので麻痺しているんだろうと感じていました。
【スキルアップなどに適した環境だと思いますか?】
教育体制はしっかりしていたので適した環境だと思います。ただ、他のスタッフも上昇思考の方が多くやや足の引っ張り合いが見られました。
【〇〇病院で働いていてよかったことと悪かったことをお願いいたします】
良かった事はただ、大病院に就職出来たと言う事です。後は1年に1回10連休が取れる所です。しかし、その運営も昔ほど良くなく、名前だけという印象もあります。又、大企業ですので受診や薬の処方等は無料でしたのでヘルスメンテナンス的には良かったと思います。ただ、そのメリットを差し引いても自分の時間をしっかり確保したい、見合った給料が欲しいと考える人には苦痛の場だと思います。30歳近い女性が結婚も子育てもしない環境で女が多い状況では本当に陰湿な雰囲気は拭いきれませんでした。仕事は出来るかも知れませんが精神的にはかなり幼稚な人が多かったです。
【勤務先に点数をつけると何点ほど(100点満点)になりますか? その理由も含めてお願いいたします】
残念ながら20点位です。20点は大病院である事、教育体制が整っている所、以外は見出せません。長年勤務されているスタッフの雰囲気に馴染む事が出来ればいいのですがなかなか難しいと思います。
【最後に、〇〇病院への転職を考えている看護師さんに一言お願いします】
大企業に所属している社会的地位を得たいなら就職を勧めます。ただ、かなり給料は安く、未だにサービス残業、休日勉強会があり子育て世代の勤務体制は整っている環境ではありません。初めに就職する分にいいかもしれませんが、よっぽど地元で通いやすい等のメリットが無い限り結婚して子供が産まれてと生活が変化していくには対応し兼ねる職場だと思います。

 

 

比較的に大きな規模の病院での話ですが、小規模個人病院での体験談も見てみましょう。

 

240132s【勤務している(いた)都道府県名及び市町村(区)をお願いします】
佐賀県佐賀市
【勤務先の最寄駅をお願いします】
JR佐賀駅
【現在(勤務時)の年収をお願いいたします】
約300万
開く
 【病院内の雰囲気などをお願いいたします】
スタッフが若い層で色んな科のDrがそれっており、個人病院にしては大きめ。脳神経外科、整形外科、泌尿器科、腎臓内科、耳鼻科、内科、麻酔科、外科のDrが常勤出揃っており、夜間帯もDr二人待機しています。救急指定病院でもあり、忙しいですがスタッフは優しいですよ(^-^)/耳鼻科は小児なら高齢者まで様々な年齢層の患者が多く利用者も増えています。
【夜勤やサービス残業などはどの程度ありますか?】
急性期病棟はほぼ定時でかえることは難しいです。スタッフが少ないですから。夜勤もだいたい5~6回でしょうか。
【スキルアップなどに適した環境だと思いますか?】
総合病院に比べ、Drが少ないため看護師の判断で動くことが多いです。患者様と関わることが多いため、スキルアップにもつながります。
【〇〇病院で働いていてよかったことと悪かったことをお願いいたします】
Drが少ない上に看護師も少ないため勤務は過酷。家庭持ちの先輩方は大変そうです。ここにいては、結婚できそうにありません。個性的なDrがいるため、看護師が病んでしまうことが多いです。体調崩します。残業手当もでてなかったし最悪です。人がいないから辞めるに辞めれなかったけど、きりがいいところで辞めれてよかったです。今も大変そうです。
【勤務先に点数をつけると何点ほど(100点満点)に
なりますか? その理由も含めてお願いいたします】
30点。福利厚生は充実しているため、先輩方は託児所など安心して預けてありました!!やはり勤務体制、残業手当、有給、スタッフ人数、個性的な医者最悪です。看護師は病気になります。
【最後に、〇〇病院への転職を考えている看護師さんに一言お願いします】
ほんとに実際に働いたことのある人に情報をきいたが一番です。内部の暗黙のルールなど、、、。知らないで入ったばかりに痛い目にあうことあります。
うちの病院がそうでしたから。

一般的には大病院=夜勤多い・仕事多い・労働時間多い・せわしない 小規模病院や個人経営病院=夜勤少ない・労働時間少ない・ゆったりしているというイメージがあるかも知れませんが、実際には規模というより病院によると言った方が良いかも知れません。

 

まとめ

 

一般的な傾向としての話をしましたが、実際の体験談にもあるように大規模だからと言って必ずしも給与面が良い訳でもありませんし、小規模診療所などでは残業代未払いを平然と続けている所もあります。

転職をする際にはステレオタイプ的なイメージでせずに、しっかりと待遇面などを見極め、職場見学などをしっかりしてから実際の入職をするのが良いと思います。

その際やはり、プロのエージェントに間に立ってもらい、給与面などを含めた条件調整を行ってもらい、出来れば書面などでしっかりと雇用条件を残しておくことがとても大切になります。

口約束ですと、言った言わないの水掛け論になってしまい、うやむやになってしまうためです。