新しい生命の誕生に立ち会える産婦人科

実際にはどのような業務を行い、どのような注意をすべきなのでしょうか?

 

<産婦人科の業務>

 

産婦人科の業務は、大きく分けて産科と婦人科の2つがあります。

産科は主に妊娠中から出産・産後までの母親のケアや指導、経過観察などが主な業務です。最たるものは妊婦健診で、定期的に受診する妊婦の妊娠経過の確認や定められている検査(血液検査やおりものの検査、細胞診など)を行います。正常な経過をたどっているか確認するとともに、早産兆候や妊娠中毒症などの異常の早期発見も含まれます。合わせて胎児の成長・発育の状態を確認することも重要です。

また不妊治療も産婦人科における業務の1つ。基礎体温や排卵の時期の確認はもちろん、場合によっては不妊の原因がないかを確認する検査(卵管造影検査や血液検査)を行うこともあります。

 

一方婦人科は、同じ科とはいえ業務内容は全く異なります。子宮筋腫や卵巣嚢腫など、婦人科疾患の確定と診断、治療を行うことが主たる業務です。もちろん子宮頸がんや体癌の検査も行います。結果次第では精密検査(コルポ診など)を行い、子宮内膜の掻把や円錐切除術、子宮の摘出術などの手術の適応になる場合もあります。

 

外来の主な業務は、妊婦健診や婦人科診察の介助、検査の説明、処置の介助、妊婦指導などがあります。産科と婦人科、両方の知識が必要であるとともに、患者指導や医師の説明の補足などを行い、医師と患者の橋渡し的な役割を担う必要もあります。

 

病棟の主な業務は患者の経過観察と投薬管理、生活指導などがあります。術後の患者の経過観察は特に細心の注意が必要になります。また切迫早産の兆候や母児を含めた異常の早期発見を行い、適宜医師に報告・連携を取ることが大切です。

 

また分娩時の観察・ケア・看護は特に臨機応変な対処やスタッフの連携が不可欠になる場合が多くあります。陣痛の状態の確認と出血や破水の有無、胎児の心拍の確認などを行います。たいていの場合、産婦には分娩監視装置を装着するので、正常な波形と異常な波形の見極めができることが最低限必要になります。

 

分娩後の母子の状態の観察や更衣・清拭などのケア、母体の歩行介助、母児の対面など、母児の状態を見ながら精神的なケアも併せて行うことが大切です。

 

<産婦人科の役割>

 

産婦人科は前述したとおり、産科と婦人科・2つの分野が一緒になった科です。なので、若年層から高齢の方まで、幅広い世代の女性を対象とした総合的なケアや治療を行う場所と言えます。

 

妊娠や出産という喜び事だけでなく、女性特有の疾患の患者様に対しては身体的なケアと共に、精神的なケアが必要となる場合が多くあります。また症状や病気について、他の人に相談できず悩んでいたり、辛く感じている方も多いので、共感と傾聴の姿勢を大事にしながら、病気の治癒や症状の改善に向かえるよう、医師の診断や治療の介助や補助、時には生活指導なども行っていくことが私たち看護師の大きな役割と言えると思います。

<私の産婦人科での経験談>

 

私は個人病院に2年間、結婚後は総合病院で日勤のみの業務に9年間ついていました。個人病院では入院と言ってもお産の入院の方がほとんどで、大きな手術などもなく(帝王切開くらい)正常分娩の経過しか見なかった、と言っても過言ではありません。

 

次に勤務した総合病院は、病床は200床以上でしたが産婦人科の入院枠は多くても6名程度。お産の入院が一番多く、婦人科の術後の方や切迫流・早産の妊婦さん、時にはヘルペスや重症の貧血の方などの入院もありました。私は外来と病棟を兼務していたので、特に分娩の際は分娩介助につきっきりになる状態が常でした。(産婦人科の医師も1人しかいなかったので…)ただし外来にも患者さんが待っておられるときは、片付けや産後の母児の観察や片付けなどは病棟スタッフに頼んで外来を再開する、ということも多々ありました。

 

分娩が始まって入院のために来院する産婦の状態を自分の目で見て状態が確認できるのは、その後の経過観察にとって非常に有意義でした。特に分娩が切迫している方は、車いすに乗せてそのまま分娩室に直行したこともあります。「お産が始まるよ~!」とNCでスタッフに駆けつけてもらったことも何度かあります。

 

外来からずっと1人の患者さんに継続して対応できるのも、患者さんにとっては安心できることらしく、朝入院の方が来たのを知らずに病棟をのぞく(入院患者さんの情報収集と医師への報告のため)と私の名前を呼ぶ大きな産婦さんの声が聞こえてきたこともありました。

 

お産は病気ではないけれど、女性にとって、また家族にとって、人生の一大イベントだという事を分娩に立ち会うたびに実感し、その奇跡のような喜びの場面に立ち会うことができるのをいつも誇りに思い、感謝していました。
ちなみに私は日勤のみの勤務なので、準職員という立場で、正規の職員の70%の基本給で16~17万円/月、年収はおよそ250万円前後だったと思います。(9年間勤務)造影検査の介助についたり、分娩で残業があったりすると危険手当や時間外の手当てが付くこともありましたが、平均するとそのくらいの給与だったと思います。

 

<産婦人科で働いて辛かったこと・よかったこと>

 

産婦人科にいて一番よかったのは、何といっても分娩に立ち会うことができることです。臨機応変な対応が必要で、異常の早期発見や分娩の進行状態に常に注意し、気を張っていなければなりませんでしたが、無事赤ちゃんが生まれ、母親の幸せに満ちた表情を見るたびに、(この仕事について良かった)と実感していました。新しい命が誕生する瞬間に立ち会える、それ以上に意義のある素晴らしい仕事はないと思っていたので、自分の仕事にやりがいと誇りをいつも感じていました。

 

辛かったのは、個人差もあると思いますが、中絶手術の介助です。介助と言っても処置自体は医師が行うので準備やバイタルチェック、後片付けくらいなのですが、やっぱり毎回気分が重くなりました。特に妊娠中期の中絶の時は、胎児の姿がはっきりわかる上にその処置もしなければならないので辛かったです。

患者さんにはそれぞれ事情があるので、こちらが辛い顔を見せることは当然できませんが、小さな胎児の体をキレイにして箱に収める時は思わず涙が出ることもしょっちゅうでした。

 

とはいっても、中期の中絶は最近は施術している病院自体ほとんど存在しないので、これから産婦人科に勤める予定の方にはおそらく縁がない話だと思います。

 

 

<産婦人科に必要なスキル・読んでおくと良い本など>

 

・正常妊娠の経過・胎児の成長発達についての知識

・分娩監視装置(NST・CTG)のモニタリングに関する知識

・妊婦健診時に必要なスキル:子宮底測定、腹囲測定、心拍聴取

※同性の患者の目は意外と細かくて厳しいことも多々あります。言葉遣いや案内1つにしても丁寧・親切を心がけるのは基本中の基本です。(できれば忙しい時でも笑顔を心がけて。こちらがイライラすると相手もイライラしてくることが多い一方で、優しい笑顔1つで患者さんとの関係は見違えるように良好になったりします)

<産婦人科で働くメリット>

 

・女性特有の疾患の知識が身につく→同僚からも相談されたり頼りにされたりする

・特に産科では、患者の死に向き合うことがほとんどない <産婦人科に向いている人・いない人> 仕事の効率だけを追求する人には、産婦人科は肌に合わないと感じるかもしれません。あくまで患者さん中心のペースになるので、イライラしてストレスがたまるかもしれません。

赤ちゃんが大好きな人や、感激屋さんはぜひ出産シーンに立ち会って本物の感動を味わってほしいです。