口腔外科は、大学病院などの大きな総合病院や歯科クリニックの一部にありますが、看護師にとってあまり馴染みのない診療科だと思います。

口腔外科の業務

 

歯科口腔外科という言い方をすることもあり、ドクターは医師ではなく、ほとんどが『歯科医師』です。つまり、口腔外科のドクターは歯科治療もします。

口腔外科の診療領域としては、口腔内の疾患だけでなく、顎顔面に及ぶ疾患の一部も対象としており、切開縫合を要する埋伏歯の抜歯、顔面や顎骨などの外傷・骨折の治療、舌癌や歯肉癌等の悪性腫瘍、口唇口蓋裂、顎関節症、そして手術を要する顎変形症があります。

口腔外科は一般歯科の領域と重複する部分は多く線引きが難しいところですが、入院治療を必要とする疾患を扱うことも多いということで、病棟があるのが特徴です。

口腔外科の看護師の業務としては、外来と病棟で大きく違います。

病棟では、他の診療科と同様、バイタルチェック、採血、静脈注射などの診療の補助、清潔ケアなどの日常生活の援助を行います。口腔ケアに関しては、口腔内の疾患が多いため、より専門的な知識と技術が必要となり、口腔ケアやブラッシング指導・義歯の取り扱い説明や指導なども行います。また嚥下訓練という食事ができるようになるための訓練も行います。

一方、外来やクリニックでは、歯科衛生士もいますので、口腔ケアやブラッシング指導などは歯科衛生士も行います。口腔ケアにおいて大きな違いは、歯科衛生士は器械や器具を使った歯石取りはしますが、看護師には歯石除去等の行為はできません。

そして外来でもバイタルチェックや採血は看護師が行います。また、放射線治療・化学療法を外来通院で行う患者さんも来院しますので、副作用症状に合わせた食事や口腔ケアの指導も看護師が行います。

看護師も歯科衛生士と同様歯科治療の診療介助もしますので、バキュームやセメントの混和なども行い、業務の線引きが難しいものもあります。

また、看護師が行う特徴的な業務の一つとしては、口唇口蓋裂の赤ちゃんに対する哺乳指導を、母親に行っています。

 

 

口腔外科の役割

 

口腔外科では、会話や食事をする大事な器官の一つである口腔内を扱いますので、当然、疾患や治療内容によって、これらの機能に障害が出ることがあります。

しゃべれない、食べられないことは患者さんにとって相当辛いストレスになります。

口腔外科での看護師の役割は、そういった患者さんのコミュニケーションや食事に不自由するストレスを感じ取り、寄り添ってそのストレスを軽減させるように関わることにあります。

食事に関しては、術後の嚥下機能の低下があれば嚥下訓練を行います。最近では、口腔外科にも摂食嚥下の認定看護師が増えてきており、より専門的に訓練を行うようになりました。

嚥下訓練は毎日訓練し、疾患の程度によっては時間をかけて月単位で少しずつ効果が出てくるものなので、患者さんにとってはなかなか先が見えにくい根気のいる訓練です。

看護師は少しずつ良くなっていることを伝え、励ましていくよう努めます。

また、舌癌などの術後は滑舌や発音が困難になることがあり、コミュニケーションを文字盤や筆談をつかってゆっくり関わることも看護師の重要な役割になります。

 

 

私の口腔外科での経験談

 

私が口腔外科で勤務していた病院は、ほとんどが外来を占め、病棟が1つある歯科系専門の大学病院でした。

看護経験6年目に歯科系の大学病院に転職し、口腔外科以外の歯科系外来に1年勤務後、病床数65床の口腔外科病棟で3年、出産後は口腔外科外来2年、第2子出産を機にその他の歯科系外来で働きました。

給料形態は公務員に準じており、看護師の経験年数が考慮され、外来での年収は約430万前後でした。マンションタイプの看護師寮もありますが、その他一部住宅手当がつき、交通費は全額支給、その他福利厚生では無料で学べるサイトの利用、格安チケット、保養施設などの割引など内容は充実していたので、よく活用していました。

口腔外科外来では、毎日来院患者数が他の外来より多く、毎日あっという間に時間が過ぎるほど目まぐるしく忙しかったですが、外来は予約制で初診は午前中だけでしたので、残業はあまりなく、治療が長引けば1人残り番を決めて残っていました。

残業や、勤務時間外での会議や研修は時間手当がつき、残業手当はしっかりもらえますので、よほど用事がなければ、残り番を嫌がる人はいませんでした。

口腔外科病棟は当時3交代勤務で、年収500万弱。

病棟でも同様に残業手当はつきますが、全体的にみんなで時間内に業務を終わらせようというスタッフ間の協力体制ができていたので、一人だけ大幅に残業することもなく、その上で、残業手当もつけることができました。

私は、どちらかというと要領が悪く時間がかかる方でしたので、先輩に毎回手伝ってもらうことになり、それが申し訳なくて、自分が手伝えるように時間配分をもっと意識して工夫するようになり、互いに協力し合えるようになり、臨機応変に対応する術を身につけられるようになりました。

口腔外科で働いていたからというより、人間関係がよかったことが何よりだと思いますが、私にとってこれが一番大きな成長でした。

 

口腔外科で働いて辛かったこと・よかったこと

  

  口腔外科の領域は、口腔内や顎~顔面における悪性腫瘍も入ります。手術後、見た目の変貌に加え、うまくしゃべれず、意思疎通を図りにくくなります。

自分の気持ちを一度でわかってくれない、うまく話せないことによる患者さんのストレスは相当あり、そしてすぐに気持ちを分かってあげられない医療者側も辛くなります。

基本的に体は元気な方が多いだけに、顔の容貌が変わること、話せないことへの患者さんの辛さを毎回目の当たりにすることは私には辛かったです。

よかったこととしては、口腔外科でというより歯科系大学病院というところで、病棟1つの外来がほとんどの病院でしたので、子育てをしながら働ける環境であるということです。

現在でも子育て中のママも多く、出産後は希望すれば外来で勤務できるため、仕事を辞めることなく働き続けられる環境です。また院内に保育園も併設されているので、ますます働くままに優しい環境が大きかったです。

 

 

口腔外科に必要なスキル・読んでおくと良い本など

 

  口腔外科の一番の特徴は、手術し治療するのが歯科医師というところにあります。

看護師は、患者の異変をすばやく見抜き、急変時のすばやい対応とドクターへの適切な報告が大変重要になってきますので、どの診療科でもそうですが、周りはほとんどが歯科医師であるという点においては特に急変時の対応ができるようなスキルは身に着けていく方がよいです。

また、嚥下機能においては、看護師は毎日患者さんに嚥下訓練を行っていくので、嚥下機能や訓練方法等知っておく必要があります。

口腔外科に転職を考えている方へ、おすすめの本を2冊紹介します。

 

*看護のための最新医学講座第23巻『歯科口腔系疾患』 中山書店 2001年発行

口腔外科に初めて勤める方にお勧めの本です。カラー写真も多くあり、解剖生理からとてもわ

かりやすく解説してある本です。口腔外科で働いていた時によく活用していました。

 

*摂食・嚥下障害ベストナーシング  学研 2010年発行

こちらは、脳梗塞などによる嚥下障害も含みますが、口腔外科の病棟においても知っておきたい摂食嚥下のメカニズムやケア方法が書いてあります。ひと昔前に比べ、口腔外科でも、摂食・嚥下リハビリをより専門的に看護師も関わるようになってきているので、こちらも参考になります。

 

 

口腔外科に向いている人・いない人

 

口腔外科は、赤ちゃんからお年寄りまで対象の年齢幅が多いため、幅広い年齢層とのコミュニケーションに抵抗の無い方が向いています。

また、口腔外科の手術後は、発声など滑舌に大きく影響が出ることもあるため、長い期間に渡りリハビリして少しずつ摂食・発声の改善を目指します。根気強く患者さんに寄り添い、サポートできる方が向いています。

口唇口蓋裂の赤ちゃんは、母親のケアが大変重要になって、また成長とともに、手術を何度か行うため、年頃の子ども達との関わりも大きいです。