回復リハビリ病棟の業務

回復リハビリ病棟では、入院されている患者さんの治療、機能回復を目指したリハビリテーション、退院支援を行っています。

回復リハビリ病棟で働く看護師の主な業務は、内服薬管理など患者さんの疾患の治療に対する看護とリハビリスタッフとの連携による病棟でのリハビリ、患者さまの状況に合わせたADLの援助などになります。

回復リハビリ病棟に入院されるほとんどの患者さんは、急性期病棟からの転棟や他院からの紹介のよる転院、あるいは在宅療養からのリハビリ目的などで入院されます。

急性期を脱したリハビリ目的の患者さんが入院される病棟ですので、ある程度病状が安定しており、点滴治療や検査、処置といった医療行為に関連した業務は一般病棟と比較すると極端に少ないと言えます。

回復リハビリ病棟では、高齢で機能障害を有する患者さんも多いため、急激な病状の悪化による容体の急変、食事や服薬時の誤嚥、転倒転落による外傷や骨折など緊急時の対応が必要になることもあります。

 

回復リハビリ病棟の役割

 

回復リハビリ病棟の特徴として、入院対象となる疾患名や入院期間などの基準が設けられているため、どのような患者さんでも入院できるというわけではありません。

対象となる疾患は、主に脳血管疾患発症後や術後の回復期、脊髄損傷や脊椎疾患の発症後や術後、股関節や膝関節の人工関節置換術後の回復期、神経や靭帯損傷の発症後、外科疾患や呼吸器疾患の治療による長期臥床に伴う廃用症候群などになります。

回復リハビリ病棟では、これらの疾患や障害を持つ患者さんの状態に合わせてリハビリを行い、望まれる最大限の機能回復を目指した支援を行います。

回復リハビリ病棟の看護師は、担当の医師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリスタッフ、ソーシャルワーカーやケアマネージャーなどのコメディカルと連携して看護を提供します。

回復リハビリ病棟の看護師は、一般病棟と同様に患者さんの日常生活動作の援助と、患者さんに一番近い存在である医療スタッフとして、患者さんやご家族(介護者)の心配事や要望などの声を他職種のスタッフにもフィードバックする役割を担っています。

回復リハビリでは、機能回復やADLの向上を目指して積極的にリハビリを行うのですが、リハビリスタッフの指導で行っている動作と、患者さんが病棟での日常生活動作の中で実際に出来ている動作には差異が生じることがあります。

病棟での患者さんの様子をリハビリスタッフに伝え、リハビリで行っている動作を実際の日常生活の中でもできる動作となるようにADLの援助の中で働きかけることも回復リハビリ病棟の看護師の大きな役割だと言えます。

 

私の回復リハビリ病棟での経験談

 

回復リハビリ病棟への転職をお考えの看護師さん、回復リハビリ病棟に興味はあるけれど、一般病棟との違いが良く分からないという看護師さんへ、私が回復リハビリ病棟に勤務していた頃の経験を少しお伝えしたいと思います。

私が勤務していたのは、総病床数75床(うち回復リハビリ病棟34床)の内科、整形外科の一般病棟と回復リハビリ病棟を持つ地方の開業医でした。

地域医療の中核を担う病院を目指すという理事長の方針のもと、日本医療機能評価機構の認定を受けていたため、医療の質の向上に積極に取り組んでいる病院です。

入職当初から約3年間は、内科と整形外科の一般病棟勤務で、勤務体制は2交代制の週休2日制で夜勤回数は月に3~4回でした。

二次救急病院のため、緊急入院の対応や手術患者、重症患者さんも多く、定時で仕事が終わることは少なく一週間の平均残業時間は5~6時間だったと記憶しています。

回復リハビリ病棟での勤務は、育児休暇明けの配置転換で決まったことでしたので、自ら希望しての転属ではありませんでした。

子供が1歳になる前の職場復帰でしたので、最初の一年は夜勤を免除してもらい日勤のみの常勤で、2年目からは夜勤を月に2回する勤務状況でした。

基本給をはじめ残業手当、夜勤手当、休日出勤手当、通勤住宅手当などの一般病棟との差はありませんでした。

ちなみに、回復リハビリ病棟勤続2年(一般病棟との合計勤続5年)の正看護師の私の年収額は約350万~370万円程度でした。(手当の詳細は夜勤手当1回1万円。休日出勤手当は6千円。通勤住宅手当最高額の1万円。残業手当は30分500円程度から)

(私は地方出身者で勤務地も地方の開業医ですので、都市部の病院と比較されると基本給も各種手当も金額が低めだと思います。あくまでもご参考程度にしていただき、必ず転職希望される先方への確認をされてください。)

回復リハビリ病棟での勤務は、二交代制ではありましたが朝食の時間や夕食の時間など、看護スタッフが手薄になりがちな時間帯の人員を増やすための早出出勤や遅出出勤といった変則勤務もありました。

回復リハビリ病棟に勤務し始めたばかりの頃は、一般病棟との流れとは違うことに戸惑いもありました。

医師が回診をすることもほとんどなく、医療行為もほとんどないので当初は物足りなくも感じましたが、一人一人の患者さんとじっくりと向き合う良い機会にもなります。

回復リハビリ病棟の特徴でもありますが、リハビリスタッフやケアマネージャー、ソーシャルワーカーなどと一緒に家屋調査という退院後の患者さまの生活について病棟から患者さんの生活の場に出かける機会も多くありました。

それは、退院後の患者さまの生活環境を確認したうえで、患者さんご自身やご家族などの介護者と一緒に今後の方針を話し合い、必要な介護サービスを検討したり住宅改修をどうしたら良いかを話し合ったり、一般病棟では経験することができない新しい経験でした。

 

回復リハビリ病棟で働いて辛かったこと・よかったこと

回復リハビリ病棟での勤務の中で辛いと感じる場面は人によって違うかもしれませんが、私自身が辛かったと感じたのは力仕事が多いという事と、転倒転落のリスクが高い患者さんが多い事でした。

回復リハビリ病棟に入院している患者さんは、脳血管疾患や運動器疾患での術後の患者さんが多いため、移動動作の援助が必要な患者さんがほとんどです。

程度の差はありますが、日常生活動作の全てに介助が必要な方が多いのも事実です。

洗面や入浴、排泄に関連しても移動動作は絡むので、患者さんの障害の程度やリハビリの進行次第では全介助が必要な方も多くいらっしゃいます。

回復リハビリ病棟では、患者さん自身が患者さんのペースで出来ることを増やすために積極的に動く方向性なので、患者さん自身が一人で動こうとされて転倒してしまうことがないように、頻繁に患者さんの様子を気にかけなければならないという状況もあります。

思いもかけない行動をされることを予測して、患者さんの身の安全を守ることの難しさを感じると、辛いと感じる人もいるかもしれません。

回復リハビリ病棟で働いて良かったと感じることは、患者さんが病棟での日常生活を通して、できなかったことができるようになり、それを一緒に喜ぶことができた時です。

患者さんが自信をつけることは、一緒にゴールを目指して取り組んできたからこその達成感でもあります。

私個人の知識や技術について良かったと感じるのは、患者さんのペースに合わせて援助をするという看護の基本を再度学ぶことと、様々なコメディカルの方との関係を築くことがきたという事です。

 

回復リハビリに必要なスキル・読んでおくと良い本など

回復リハビリで特別に必要なスキルというものはないと思いますが、一般病棟と同じように、患者さんやご家族とのコミュニケーションが一番大切になりますので、コミュニケーションスキルは大切だと思います。

それは、コメディカルとの連携にも必要となる技術ですので、他者との関わりが上手くいかないと感じる方であれば、それを克服できるようにするのは対策としてできると思います。

あとは、病棟に入職してからリハビリのスタッフや先輩看護師からの指導で少しずつ学んでいくことができますので、心配する必要はないと思います。

私が読んでいたのは、病棟で購入していたメディカ出版の月刊誌『リハビリナース』や『整形外科看護』です。

最新の情報や回復リハビリ病棟に勤務する看護師の悩みなども特集されることもあるので、役立てることができました。

月刊誌ですので、個人で購入するとしても比較的安価で薄い本なので持ち運びにも便利でお勧めです。

 

回復リハビリ病棟で働くメリット

回復リハビリ病棟で働くメリットは、患者さんが比較的落ち着いている方ばかりなので、その日の業務の予定を組み立てやすいという事と、一般病棟に比べると残業が少ないという事だと思います。

私が勤めていた病棟でも、家庭を持っている看護師が多く、私のように小さなお子さんをお持ちの方であれば、比較的、勤務体制など相談しやすい病棟でもあると思います。

病院によっては、それぞれ違うと思いますので入職をお考えの病院と相談されて確認してみると良いでしょう。

あとは、リハビリスタッフをはじめ、様々なコメディカルの方々と顔見知りになれるという事や年々、改正されて分かりにくい介護保険制度なども多少は学べるという事もメリットだと感じるところです。

 

回復リハビリ病棟に向いている人・向いていない人

これまでにも述べてきたように、回復リハビリ病棟では患者さんのペースに合わせた日常生活動作の援助が主な仕事になってきますので、相手の動きに合わせて気長に待てる方や、高齢者との関わりが好きな方は向いていると思います。

また、一般病棟の経験が豊富で患者さんの少しの変化にすぐに気が付ける方は回復リハビリ病棟でも、その力を十分に発揮できると思います。

その逆に向いていない方は、なるべく時間内に業務を終えたいという方や患者さんのゆっくりとしたペースにイライラしてしまう方、自分のペースを乱されるのが嫌な方は向いていないと思います。

急性期看護のように、日々、高度な医療や看護技術を学びたいと思っていらっしゃる方にとっては、物足りなく感じてしまう病棟かもしれません。

ご自身が、どのような働き方を望んでいるのか、何を学びたいのかも転職の重要なポイントだと思いますので、じっくりと考えてみるのも良い機会かもしれません。

 

良い求人を探す為にはどこを見ればよい?

私は、これまでハローワーク求人を参考に転職してきましたが、転職をお考えの看護師さんは、現在進行形で働いていらっしゃる方がほとんどだと思います。

毎日の忙しい時間の中での就職活動は思うように進まないのが現状だと思います。今は便利なネット社会ですので、看護師の求人サイトを利用することをお勧めします。

登録した際に、電話で直接コンサルタントの方に現在の勤務状況と希望の内容を詳しく聴かれますので、いつまでに転職したいかなど、ご自身の希望をしっかり伝えると良いと思います。

求人サイトによって、希望する勤務地など取り扱っている求人情報もそれぞれに違いますので、複数のサイトで探される方が良いようです。

自分ではなかなか直接聴けない内容(人間関係やお給料の話も含めて)の交渉も代行して下さるので、じっくりと自分に向いている職場を探すことができると思います。

私も今では求人サイトに複数登録し、参考にさせて頂いています。