・保育園看護師の業務

保育園看護師の業務の主なものは、0・1歳児クラスの保育手伝いや検温、毎日の欠席者と登園していて体調不良の児がいないか確認し、自治体への報告レポートを記入すること、ケガや体調不良の児が出た際の応急処置、必要があれば病院への付き添い、高熱が出た児のお迎えが来るまで付き添い、遠足の付き添い、保健だよりの作成と発行、年に2回の歯科検診・内科健診の準備、医師の診察介助、結果報告、尿検査や蟯虫検査の物品準備、保健用品の管理や買い出し、点検、保育園内のフリー業務(トイレ掃除や洗濯)などなど多岐に渡ります。

 

・保育園看護師の役割

保育園では保育士さんが中心で動いているため、看護師とはいえあくまで補佐的な役割だと思います。

園児の体調やいつもと違う様子などは、やはり毎日細かく見ている保育士さんのほうが変化に気づきやすいため、保育士さんが何か気になることがある時に相談を受け、助言しています。

また、園児の体調や発達に関して気になることがある時に、中にはあまり真剣に聞いてくれない親もいるので、保育士さんから親に伝えるよりも看護師から伝えた方が効果があるからと園児の親と直接話をすることもあります。

医療の専門家ということで、保育士さんではカバーできない時のために頼りにされている一面があると感じています。

 

・病院やクリニックなどとの業務の共通点と違い

 

保育園看護師に関しては、看護師といえども病院やクリニックとの共通点はほとんどないと思います。

園によっては医療用と同じアルコール綿のパックなどを常備しているところもあるようですが、私の勤務している園は保健用品が全て普通のドラッグストアで購入したもので、管理の手間を少なくするために内容も最小限のものになっているため家庭の救急箱レベルで、医療用品と呼べるものはほとんどありません。

歯科検診・内科健診で医師の介助をしますが、病院のようにピンセットと綿球を差し出したり、検査用の綿棒を差し出したり…ということは一切なく、医師が次々に異常なしと言うのを名簿にチェックしていく程度です。

むしろ保育士さんと一緒に保育業務をする時間のほうが長いので、看護師としての業務は一部分だったりします。

大人数の子供相手ということで、騒がしいしバタバタと忙しい面もありますが、園児と一緒にお散歩に行ったり、午睡の時間にはみんな寝てしまうので静かな時間もあり、病院と比べるとゆったりのんびりとしている職場だと思います。

・私の保育園看護師体験(保育園で働こうと思ったきっかけから現在どのような仕事をしているかまで)

 

妊娠・出産を経験し、復帰して同じ職場で働いていましたが、年間の分娩件数が1000件を超す産婦人科だったため業務がかなり忙しく、ちょこちょこ残業があったり子供が急に熱を出して休む時にあまりいい顔をされなかったりと、子育てとの両立に限界を感じ、二人目を出産した後に悩んだ末退職を決意しました。あまりに忙しい職場だと体力的にもしんどいし、小さな子供がいる以上突発的な休みを取らなければいけないのは仕方がないことなので、もう少しのんびりと育児と両立できる職場を…と考えた時に、ふと思い浮かんだのが保育園看護師でした。

医療現場とは全く違う環境のため、看護師と言っても保育士さんと変わらない仕事をすることも多いし、最初は戸惑うことが多かったけれど、園児がどんどん慣れてきて朝「しぇんしぇ~」と駆け寄ってきてくれたり、大きなクラスの子供たちとも顔見知りになって成長を見守ったり、楽しく育児との両立をしながら働けています。また、職場は小さな子供がいることに対してとても理解があり、突発的に休まなければいけない時も問題なく休ませてもらえています。

私は小児科経験がないので、保育園看護師なんて勤まるだろうか…と心配でしたが、ベテラン保育士さんに教わりながらなんとか勤務しています。自分の子供たちがもう少し大きくなるまで、保育園看護師としての勉強もしながら無理なく育児との両立をしていこうと思っています。