・保健師の業務について

保健師には行政保健師、病院保健師、産業保健師、学校保健師があります。勤務先によって対象者や業務内容は異なります。

 

行政保健師は保健所や市町村の保健センターといった場所で勤務します。そして、都道府県保健師や市町村保健師という公務員として働きます。

都道府県保健師と市町村保健師の共通の業務は、まず住民の健康状態や生活環境がどのようであるかを把握し健康課題を明らかにすることです。また、住民が病気になったり介護が必要な状態にならないように健康相談や健康教育を行い、正しい健康知識の普及に努めます。さらに、住民や保健所または保健センターの関係者と一緒に保健計画を策定し、適切に計画や実施が行われるように色々な機関と調整を行ったり、最新の保健医療福祉に関する知識と技術を学んでいくことです。

 

都道府県と市町村保健師の業務の違いは、対象者と専門性にあります。

都道府県保健師は広域的な範囲を対象にし、精神保健福祉対策、難病対策、結核・感染症対策、エイズ対策といった市町村よりも専門性の高い保健サービスの提供を行います。また、必要に応じて市町村へ専門的な立場から技術的な支援やアドバイス、研修を行います。

それに対して市町村保健師は、住民の身近な相談者として都道府県より身近な範囲を対象とし、地域に密着した保健サービスの提供を行います。

 

病院保健師はクリニックや訪問看護ステーションや総合病院などで働きます。

病院に来院されている患者さんに対して、看護師のように処置の介助や療養上の世話を行うのではなく、健康指導や健康相談を行って病気を未然に防いだり健康の増進を目的に働きかけます。また、健診センターが付属している病院では、健康診断の実施や結果説明なども行います。

 

産業保健師は企業内の医務室に務める保健師です。

企業の従業員が病気にならないように定期健康診断の計画・実施・評価を行ったり、残業が多すぎないかの確認、悩みの相談を受けてメンタルヘルスのケアを行います。また、作業中に怪我をしたり、調子が悪くなった場合に応急処置を行います。必要に応じて病院へ付き添いを行うこともあります。このように従業員の健康管理を主に行っていきます。

 

学校保健師は「保健室の先生」とは異なります。

私たちがよく知っている公立の小学校や中学校、高等学校の「保健室の先生」はさらに養護教諭の免許が必要になります。保健師から養護教諭二種免許を取得するには文部科学省令で定められている4科目8単位を取得し、都道府県の教育委員会へ申請する必要があります。

保健師だけの免許を使用して働ける学校は、私立の学校、大学や専門学校です。学校保健法により、大学や専門学校の学生、勤務している教員の健康管理や心のケア、けがや熱中症、アレルギーといった緊急時の応急処置を仕事とします。

 

保健師の役割とは

 

公的機関の保健師は地域社会で生活する人々の健康問題を明らかにし、その背景にある原因を突き止めて根本的に解決を図っていくことを仕事としています。

自分の管轄の地域では、人口の割合はどのようであるか、どんな地域なのか、どんなことが健康の問題となっているのかなどを明らかにし、その地域にあった健康教育や政策などの計画・実施・評価を行います。

政策内容によって地域住民全体的にアプローチしたり、対象となる方や家族に個別に健康相談や家庭訪問を行ってアプローチします。このように予防の観点から地域住民に働きかけていきます。

 

病院保健師は、外来患者さんへの健康指導や健康相談の実施、退院患者さんへの保健指導や地域連携などを行って、病院に来る方や退院される方へ病気の予防や健康の増進につながるように働きかけます。

 

企業においても、従業員が健康に労働できるよう、仕事の生産性が高められるように健康診断の実施や保健指導、集団健康教育、メンタルヘルスへのアプローチ、過重労働対策、健康相談業務などを行って健康管理を行います。

 

学校では子ども達や教員の心と体の康管理や健康教育、応急処置を行って、子ども達や教員がより健康に学校生活を送ることができるように支援していきます。

 

このように公的機関や病院、企業、学校など働く場所は違っても、健康な人々に対して健康の維持や増進、病気の予防や改善につながるように働きかけていきます。また、学校や企業ではけがや急な症状の応急処置を求められることもあり、看護師としての対応も必要になります。

 

看護師と保健師の業務の違い  そのため、保健師は看護師の仕事を行うことも出来ます。また、保健師になるためには看護の専門学校や看護の短大で勉強した後に保健師学校へ進学し1年間勉強する必要があります。看護大学であれば卒業と同時に看護師と保健師の受験資格を得ることができ、試験に合格すると看護師と保健師の資格を得ることができます。

 

保健師は看護師の免許を有することが定められています。

つまり、保健師は看護師と違って、治療の補助や療養上の世話を行うのではなく病気にならないように指導をする立場にあるのです。そのために、看護師は病気の人を治療するための場所で働きます。保健師は企業や地域、学校といった健康な人々が生活する場所で働きます。

看護師と保健師はどちらも保健師助産師看護師法に基づいて定められている国家資格です。看護師は「厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話、または診察の補助を行うことを業とするもの」とされています。それに対して、保健師は「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とするもの」とされています。

保健師の魅力

仕事内容では、看護師だと日々の業務に追われ、相談を丁寧に聞くことは大切ですが時間的に難しい状況にあります。しかし、保健師はひとりひとりと向き合って話を聞き、じっくり寄り添って関われます。対象者に合った適切な保健指導を行えば、健康診断結果のように数値として目に見えてよくなることも魅力の一つです。

また、給料面において、企業保健師の場合は大手企業になればなるほど年収は上がります。公的な機関に勤務する場合は、給料が高額ではありませんが、安定していることや福利厚生が充実していることが魅力です。

保健師の魅力は看護師と違って平日勤務で土日休み、夜勤がないことだと言えます。不規則な勤務ではないため、体への負担が少なく家庭との両立も図りやすいです。