laptop-820285_1280

 

 

一口に看護師と言っても配属される科や組織によって勤務内容や勤務体系などは違ってきます。

今回は「呼吸器内科病棟で働く看護師の一日」をご紹介させていただきたいと思います。

 

日勤

 

8:15

 

申送り

 

146763s毎朝の勤務は申送りからスタート。患者さんの夜勤帯や前日の様子を簡潔に伝達します。最近は申送り時間をいかに短縮できるかを病棟スタッフで工夫しています。患者さん一人一人の細かい情報は各自で経過記録から拾います。また、重要な事は夜勤帯看護師から日勤帯の看護師に直接送ります。参加するのは主にその日の日勤帯看護師ですが、その他にも臨床工学技士や病棟薬剤師、看護助手も参加します。申送りが終わったらスタッフステーションから患者さんの病室など病棟全体の環境整備を行います。

 

9:00

 

環境整備

担当患者さんへの挨拶をし、ベッド周りの環境を整えます。患者さんとの会話をしながら、顔色や活気、呼吸状態など些細な変化に気を配ります。患者さんのその日の状態を把握しながら、ベッドサイドのゴミや尿器内の尿の破棄も行います。

 

9:30

 

チーム毎に申送り

環境整備後に各自経過記録やカルテから患者さん情報を取り、チーム内での情報共有を行います。一日のケアや検査等のスケジュール確認、休憩時間の調整を行います。

 

10:00

 

検温・処置(点滴、清潔ケア、褥瘡・創傷処置など)

患者さんの変化があるときは、すぐにリーダーや主治医へ報告し指示を仰ぎます。検温・処置をしながら、患者さんの状態把握に努めます。記録は随時行います。呼吸器やその他医療機器を使用している患者さんは、それぞれの医療機器のチェックリストに沿って、機器が正常に作動しているか・医師の指示通りの設定になっているかの確認を行います。

各看護師が担当患者さんのケアを行うのが基本ですが、呼吸器をつけている患者さんやADL低下により二人以上の介助が必要な患者さんは朝のチーム申送りの際に、援助を依頼したり、手が空いている看護師が声を掛けたり、協力しながら患者さんのケアに当たります。

 

10:30

 

吸入の介助

呼吸器内科病棟ではコンプレッサー吸入をしている患者さんが多く、患者さん毎で吸入の時間や吸入の方法が違います。適切な方法で吸入できているか確認します。吸入嘴管の洗浄は1日一回実施します。

 

11:00

 

入院受け

入院オリエンテーションや入院時検査(レントゲン、採血、心電図、採痰など)の介助を行います。

患者さん本人や家族からの情報収集(患者さんのADLや排泄・清潔・食事などの状況、認知症の有無や、入院までの状況や既往歴、今回の入院について主治医からどのような説明を受けたか、家族関係やキーパーソンなど短時間で出来るだけ多くの情報を得るための工夫を看護師毎にしています)を行います。内服薬の確認と指示(続行か中止かなど)受け、普段の内服薬の管理方法や薬の作用を理解しているかなどの確認を行います。患者さんの情報収集ができたら、そこから看護計画を立案します。

 

11:30

 

休憩

休憩時間は1時間です。11:30からと12:30からとで、交代で休憩に入ります。各チームリーダーやリーダーが休憩時間の調整を行います。入院受けをして、時間通り入れない人はリーダーに調整してもらうこともあります。

11:45

昼食の準備

この時間までには、食前の血糖測定や食前薬の内服の介助、摂食嚥下訓練などの口腔ケアを行います。また、オムツ確認を行い、ベッドをギャッジアップするなど体位調整を行い、昼食を食べる前の準備を整えます。

 

12:00

 

昼食配膳、食事介助

看護助手と一緒に患者さんの食事を配膳します。食前のインスリン投与がある患者さんの介助などもこのとき行います。自分で食事を食べられない患者さんは、患者さんの状態に合わせて、看護師が介助します。嚥下機能が低下している患者さんの嚥下状態の観察などを行います。

 

12:30

 

食後の口腔ケア、食後薬の内服の介助

自分で洗面所に行けない患者さんにはガーグルベースンを配り、うがいの水を準備するなどして、食後の歯磨きが出来る環境を整えます。自分で歯磨きできない患者さんの歯磨きの介助を行います。食後薬の配薬や間違いなく内服しているかの確認を行います。

 

13:30

 

病棟カンファレンス

平日は毎日カンファレンスを実施します。曜日によって、リハビリテーションカンファレンスや医師毎に担当患者さんのカンファレンス、看護師毎の担当患者さんのカンファレンスなどを日勤帯看護師や医師、リハビリテーションスタッフやケアマネージャーなどが参加して話し合います。

 

14:00

 

検温・処置(点滴、清潔ケア、褥瘡・創傷処置など)

午前中からの患者さんの変化があるときは、リーダーや主治医へ報告し指示を仰ぎます。検温・処置をしながら、患者さんの状態把握に努めます。日勤帯リーダーは、主治医からンの指示を受けます。

 

14:30

 

個別のケア

リハビリテーションの介助や散歩など、患者さんの病状に合わせた援助を行います。

 

15:30~16:30

 

日勤帯リーダーへの申送り

日勤帯看護師毎に日勤帯リーダーにその日の患者さんの状態を申送ります。

 

16:30

 

夜勤申送り

日勤帯リーダーから夜勤帯看護師に、患者さんの日勤での様子や病状、指示の変更など申送ります。

 

17:15

勤務終了

担当の患者さんや入院受けなどによって、業務の忙しさが変わるので、時間内に終わるよう皆で協力しあいます。