看護師-男性(怒)

私が子供の頃は、「看護婦」という言葉が一般的でした。

今では「看護師」という名称があらわす通り男女の別はない職業となっていますが、やはり今でも看護師は女性が多い職種だと言えます。

そんな環境の中にあって、男性看護師にはどのような悩みがあるのでしょうか?

男性看護師のBさんにその辺りを記事にしていただきました。

 

男性看護師の数は増えている

 

かんごし..近年の景気低迷に伴う就職難や超高齢社会の到来に伴う社会的ニーズの向上を背景に、男性看護師の数は、増加の一途をたどっています。

一方で、実際に医療機関で働く場合、看護師の大半は女性で構成されている職場がほとんどです。

男性看護師の数が増えたとは言え、10人に1人いるかいないかという職場がほとんどではないでしょうか。

元来、男性と女性とでは、ものの考え方や価値観が大きく違います。

男性が女性と同じようにしようとしても、できないことも多く、できたとしても同じ効果が期待できるとは限りません。例えば、何か悩み事を抱えていて、表情が暗い患者が居たとします。

患者に声をかけ話を聞くと、患者は、自分の抱えている悩みを打ち明け、どうすればいいかと相談を持ち掛けます。そして、その悩みが、その場で解決できないものだったとします。

それでも、女性看護師の場合、患者の悩みを共有したことに達成感を見出すことができます。しかし、男性看護師の場合は、患者の悩みを共有したことへの達成感よりも、解決できなかったことに対してのストレスを感じてしまうのです。

男性だから女性だからと言った性別に関係なく、個人差があることは否定しません。

しかし、男性と女性とで、ものの考え方や価値観が大きく違うことは、女性の職場で働く男性看護師が痛感していることではないかと思います。

 

男性は女性以上に人間関係に悩む

 

さて、男性看護師ならではの悩みとして、おそらくもっとも多いのが、女性師長や女性の先輩看護師、或いは同僚の女性看護師との人間関係ではないかと思います。

前者に関しては、頭では理解していても、プライドが邪魔をして、指導やアドバイスを素直に受け取ることができなかったり、悩みを抱えていても自分から相談できないことは多いと思います。

実際に、私の場合、入職1年目の時に、沢山の悩みを抱えていましたが、それを直接師長やプリセプターなど先輩の女性看護師に相談することができませんでした。

今になって、考えてみればもっと気軽に相談ことをするべきだったのかもしれないと振り返ることはできますが、その当時はそのようなことは考えられませんでした。

また、後者に関しても、自分の何気ない発言がセクハラと解釈されないかと意識し過ぎることで、会話しずらくなることがあります。

また、逆にそれはセクハラではないかと感じるようなことを言われることもあります。

 

男性看護師は患者さんとの距離感にも悩む

 

上司や先輩などのスタッフとの人間関係だけでなく、次に多いのが患者との人間関係です。

女性が多い職場では、男性であるというだけで、目立つ存在になってしまいます。

何気ない行動や言動が大きくとらえられてしまうことも少なくありません。

例えば、自分の担当の女性患者さんのケアで、排泄や清潔のケアの際、男性の看護師は嫌だと断られることは少なくありません。

そのような場合にどうするかといえば、患者さんが男性は嫌だと言っているのであれば、女性にしてもらうしかありませんので、当日一緒に勤務している、同僚に依頼して、代わりにケアをしてもらうことになります。

患者さんの言われることは十分に理解できますし、できる限り希望に沿ったケアを提供できるようにする必要があるのは理解できます。

しかし、結果として、私の担当の仕事を同僚に押し付けてしまっていることになります。

そのため、同僚に対する申し訳なさや男性であることを理由にして仕事をさぼっていると思われてないかなどと考え、そのことがストレスになってしまうのです。

さて、上記のように悩みは数多くありますが、男性が看護師として働き続けていくためにはその悩みにたいして対処していく必要があります。

女性の師長や先輩看護師とのコミュニケーションに関しては、まず現実をしっかり把握し、理解することです。

自分が圧倒的な女性優位の職場にいることや女性が上司や先輩であることが当たり前であるということを自分自身で納得する必要があります。

看護師を志した男性であれば頭では理解できていると思いますが、それを常に忘れないようにする必要があります。

それでも、納得できないのであれば、自分が昇進していく道もあると思いますが、結局昇進しても、9割が女性の職場であるという状況は今後も劇的に変化することはないでしょう。

 

一番の解決策

 

そして、同僚とのコミュニケーションに関しては、一番の解決策は結婚して家庭をしっかり築くことです。

結婚して子供がいる男性に対しては、女性は一定の距離をとるようになります。

必要以上に距離を近づけることがなければ、セクハラなどの問題も起きにくくなります。

また、子供があれば、女性との会話に苦手意識がある人でも、話題に困ることはないでしょう。

いきなり、結婚はハードルが高すぎるのであれば、自分の行動や発言に注意を払うことです。

女友達や男友達と同じようなコミュニケーションの取り方が、職場で通用するものではありません。

それで、通用することもあるかもしれませんが、常に調子に乗らないよう、自分を律することを忘れてはいけません。

男性は、コミュニケーションに気を使うことが苦手ですが、女性の多い職場では、極端に言えば仕事よりもコミュニケーションを優先するくらいの気持ちでもいいのかもしれません。