4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_m

良い転職したい?

 

転職しようとする際、その手段は多岐に渡ります。

知人の伝手をたどる人もいれば病院の求人を見て連絡をする人もいることでしょう。

今回は看護師が転職する際に転職サイトとハローワークのどちらの利用が好ましいかを書きたいと思います。

ハローワークのメリット

 

看護師が転職する際にハローワークを使うことのメリットとして

 

・中小の診療所などの情報を得やすい

・看護師以外の求人も得られる

・職業訓練が受けられる

 

ということが挙げられます。

民間の転職サイトと違ってハローワークへの求人は無料で出せますので、資力の弱い中小の診療所などの求人は転職サイトに比べて得やすいと言えるでしょう。

この点は後述する最大の欠点と表裏一体であるとも言えるので難しい所です。

看護師として転職する場合に得られるメリットは以上です。

個人的には看護師転職をするのにハローワークの利用は推奨できません。

理由は後述します。

さて、看護師としてではなく転職する際にはワードやエクセルなどの初歩的な訓練は勿論ネットワークプログラミングなどの職業訓練を受けられる点はメリットと言えるでしょう。

 

ハローワークのデメリット

 

対してハローワークを利用するデメリットですが、

 

・ブラック企業(病院・診療所)の求人(主に嘘求人)を平然と載せている

・良い案件はほとんどない

 

と言った点が挙げられます。

現代社会にブラック企業が蔓延している最大の原因はハローワークにあります。

断言するのは問題であるかも知れませんが、ハローワークがブラック企業存続に大いに貢献にしているのは紛れもない事実です。

先ほども書いた通りハローワークへの求人は無料です。

無料であることをいいことに何度もハローワークに求人を出す病院や診療所が存在します。

「何度も」という所がポイントです。

つい先日もSMAPの謝罪生放送がありましたが、日本の雇用者の中には人をゴミのように扱う人間が多く存在しています。

彼らは従業員を奴隷としか考えておらず、使い捨てればいいと思っています。

そのためめちゃくちゃな労働条件の元で働かせて病気になったら嫌がらせをしたのち自ら辞めさせるように仕向けます。

また雇えばいいのですから、そのことを躊躇する理由はありません。

そういうクリニックは大半嘘求人を出します。

もしかしたら皆さんも嘘求人にだまされたことがあるかも知れませんね?

週休2日と書いてあるのに実際は月2日しか休みがなかったなんてむしろハローワーク求人では常識です。

なにせ、今の段階(2016年1月)では嘘求人に対する罰則は存在していませんので、ますますそういった悪徳経営者は増える一方なのです。

後述しますが、民間の転職サイトは可能な限りブラック企業を排除しようと努力しています。

そうでなければ利用者が激減するからです。

人が無限に補充される限りブラック病院は無くなりません。

ハローワークを使った転職はそれ自体がブラック企業を助長する行為だと思っています。

あなたはそういった病院や企業の思い上がりに手を貸したいですか?

私はご免ですね。

 

転職サイトを利用するデメリット

 

一方の転職サイトを利用するデメリットとしては

 

・転職サイト間においてあたり外れが大きい

 

という点が挙げられるでしょう。

転職サイトの中には求人があれば何でも載せてしまうサイトがあるのは確かです。

ブラック病院だと知りつつ求職者に紹介してしまうようなサイトもあります。

また、転職の成否を分ける転職エージェントの質もサイト間でかなりの差があります。

転職サイトを利用する際にはよい転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

 

 

転職サイトを利用するメリット

 

転職サイトを利用するメリットとしては

 

・転職ノウハウを教えてくれる

・条件面などを求職者の代わりに病院側と交渉してくれる

・質の良い求人が期待できる

・無料で利用できる

・その転職サイト独自のサービスを受けられる

 

と言った点が挙げられます。

基本的にメリットがデメリットを大幅に凌駕していると言えますね。

デメリットがメリットを大幅に凌駕しているハローワークとは大違いです。

こういったことの背景には、求人を出す側である病院が転職サイトにお金を支払う必要があるということがあります。

どういうことか言いますと、病院側が転職サイト経由で1人採用するとその従業員の年収の30~50%を転職サイト側に支払うことになります。

え?それならハローワークに求人を出した方が得じゃん!!と思いましたか?

実際に金銭面だけを考えればそう思えるかも知れませんが、基本的にハローワーク経由の労働力は低品質です。

厳しい言い方ですが、これだけ情報網が整備された現在ハローワーク経由で申し込みをする求職者は情報収集能力及び学習能力に問題があると思われても仕方がありません。

いくらでも使い捨てられる駒が欲しい病院ならいざ知らず、まともな病院であればしっかりとした人を採用したいと思うのは当然です。

病院は命を扱う場所です。

まともな病院なら求人にお金をかけるのではないでしょうか?

たまに資力のある病院などがハローワークに求人を出すことがありますが、その際には何か裏があると思った方がよいかも知れません。

こういった背景があるため、転職サイトに求人を出しているクリニックは労働条件が整っている可能性が高いと言えます。

勿論、そういった病院は採用のためのハードルが少し高いのも確かです。

先述したように転職サイト側も求人者が就職しなければ利益が出ませんし、おかしな人物を病院側に紹介する訳にもいきません。

そのため、より質の高い求人者にするべく転職ノウハウを教えてくれる訳です。

履歴書の書き方、おじぎの角度、言葉遣いなど、必要なことは全て教えてくれます。

因みに、転職サイト側が無理に転職を勧めるのではないかと不安になる方もいらっしゃると思います。

しかしその心配はありません。

大体の転職サイトが求職者の就職が決まってから半年後に先述した手数料を受け取る仕組みになっていますので、無理に勧めて早期退職されたら利益にならない訳ですね。

そのため、求職者の側は転職サイトを無料で利用することができます。

通常、これだけのサービスであれば有料であってもおかしくはないことでしょう。

就活をする大学生などはお金を支払って就活塾に入るような時代です。

とはいえ、先ほどデメリットの項でお話したように、転職サイト間において差が大きいのも確かです。

しっかりと良いサイトを見極めてから利用することが大切ですね。