START法フローチャート よく医療系のテレビドラマで、緑や赤のマーカーなどを患者さんにつけていく様子を見た事がありませんか?

それこそがトリアージです。

災害の現場で重要とされるのは、Triage(トリアージ)、Transport(搬送)、Treatment(治療)からなる3Tと呼ばれるものです。

そのうちトリアージとは災害発生直後において、物資や人員などに制約がある際により効率的、かつ効果的に治療・搬送を遂行していく為、治療を行う/搬送していく順番の優先順位を決めることを指します。

基本的には急性期において使用される事の多いトリアージですが、実は、日常の業務においても患者の緊急性や重症度によって診療の順番を決定するのにも活用されています。

トリアージには大きく分けて4つの種類があり、それぞれ赤、黄、緑、黒に色別されています。

以下、それぞれの色が示す病態について簡単に説明したいと思います。

①赤:生命・四肢の危機的状況で直ちに処置が必要な場合。呼吸困難やショック状態、大量出血、気道熱傷の場合などが当てはまります。

②黄:入院治療が必要であるが、生命に危険性がなくバイタルサインが安定している。四肢骨折、胸髄以下の脊髄損傷や中等度熱傷の場合黄色に分類されます。

③緑:通院治療が可能な程度の外傷。捻挫や、過換気症候群、外傷などを指します。

④黒:生命の徴候のないもの。高度損傷など、その場では救命不可能な患者を指します。

分類する大きなポイントとしてはまず歩行が可能かどうかを確認します。歩行が可能である場合トリアージ区分は緑になります。

もし歩行が困難である場合、次に呼吸の有無を確認します。

呼吸が確認できず、気道確保をしても呼吸が戻らない場合には黒、気道確保をすれば呼吸が可能な場合は赤という区分分けになります。

呼吸があり、且つ医療者側からの簡単な指示に答えられるほど意識が清明な場合には黄色となります。

つまり、治療の優先順位は赤→黄→緑→黒という順番になります。

緊急時にはそういった重症度によって分けた札(トリアージタッグ)に患者氏名、傷病名を記載し患者さんにつけていきます。

つける部位も決定されていて、基本的には右手とされていますが、理由があって右手に着用できない場合は右手→左手→右足→左足→頸部の順番で着用する事になっています。

災害の現場では、トリアージを主に担当するトリアージオフィサーというスタッフがいます。

トリアージオフィサーは主に医師、救急救命士、看護師が担当し、基本的には他の治療には参加せずトリアージに専念しますがら気道確保と圧迫止血のみは行う、という風に定められています。

トリアージはより効率的な医療を行う上で大きな役割を果たしていますが、「トリアージとら少数の命より大勢の命をとるもの」といった意見もあるようです。