bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_m

 

スタンダードプリコーションと標準予防策の定義等は同じである。全ての患者に対し、適用される感染予防対策である。患者の血液、体液、分泌物、排泄物、汚染物を感染の可能性があるものとして考え、取り扱うことをいう。実際的には、手洗い、個人防護具の使用、使用済みの器具等の処理、患者の感染に関する管理等の予防対策からなっている。

 

【スタンダードプリコーションの効果】

 

①看護師の手を介した、患者間の交差感染を予防することができる。

②患者が保菌しているかもしれない病原体から看護師を保護することができる。

③血液、体液の曝露事故のリスクを減らすことができる。

【スタンダードプリコーションの実際】

 

≪手洗い≫

 

手洗いの方法には、3つある。日常的手洗い、衛生的手洗い、手術時手洗いがある。医療現場では、衛生的手洗いを日常の手洗いとして推奨している。

 

(衛生的手洗い)

 

看護師は、更衣や患者の世話・処置の前後、食事前や用便後等の手洗いを以下の手順で行う。

①手指の表面の汚れを流水で流す

(水道栓は、手を使わないものが適している。例:自動流水装置、自動手洗い装置、足

踏み式等)

 

②石鹸を十分に泡立て、指の間も含め、もみ洗いをする。

 

③流水の中で、もみ洗いをしながら石鹸を完全に洗い流す。

 

④フィルタを通した無菌的な熱風で乾燥させるか、使い捨て紙タオルでふき取る。

 

(1)手で水道栓をしめる場合は、使い捨て紙タオルで栓をおおってしめる。

(2)紙タオルのない場合は、②、③と当時に栓を洗ってしめる。

 

(手術時手洗い)

 

①陽性(逆性)石鹸含有固形石鹸を、水でぬらした手指から肘まで塗り、よく泡立ててから、こすり洗いを1分間行う。

 

②ハイアミン(10%)またはファイゾヘックスを5~6ml滅菌ブラシに取り、滅菌水を加えて爪→指→手掌→手首→前腕(肘の上6cmくらいまで)をブラシで3分間こする。流温水ですすぎ、泡を落とす。これをもう一度行う。

 

③ヒビテンコンセントレート(0.02%)水溶液または消毒用エタノールを入れ深めの洗面器内に手指・前腕部を1分間浸す。

 

④滅菌タオルで手と腕の水分を拭き取る。

 

≪個人防護具の使用≫

 

患者の湿性物質(血液、体液、分泌物、排泄物)との接触が予想されるときは、予防具を用いる。

 

手袋:患者の湿性物質に触れるとき

 

マスク:看護師の口・鼻の粘膜が汚染されそうなとき

 

プラスチックエプロン、ガウン:看護師の衣服が汚れそうなとき

 

アイシールド、ゴーグル:患者の飛沫が看護師の目に入りそうなとき

 

フェイスシールド:看護師の顔、目、口、鼻の粘膜が汚染されそうなとき

 

≪使用済みの器具等の処理≫

 

患者に使用されたものは汚染物品として取り扱う。汚染物品には、ガーゼ・綿球等の衛生材料、注射器、注射針・留置カテーテル等のディスポーザブル製品、導尿に使用するネラトンカテーテル等のゴム製品、鉗子類や膿盆等である。

これらを使用した後は、廃棄物処理法の医療廃棄物の種類によって適切な取扱いをする必要がある。汚染廃棄物を適切に取り扱うことが、看護師の安全を守ることに繋がる。

 

≪患者の感染に関する管理≫

 

感染症の要因をできるだけなくし、感染から患者を守るため以下の点に留意する必要がある。

 

①病院内に感染予防対策のための組織をつくる

 

院長をはじめ医療、看護、事務等院内感染と関係のある各分野の責任者による組織の感染対策委員会に加え、実際に感染対策の企画、指導、実施する感染対策チームを設置し、その責任者として感染管理者や感染管理看護師を置く。感染管理者や感染管理看護師を中心として、感染予防や感染時の対策を行うことが望ましい。

 

②感染予防対策担当者の役割

 

・感染症患者の早期発見、隔離、早期治療によって他の患者への感染を予防する。

 

・病院の建物構造を含め、滅菌・消毒等の設備を充実する。

 

・病院職員の健康管理・感染予防に関する教育、感染症患者の隔離方法等、組織的に対策をたてる。

 

・院内感染予防のための組織に意見を述べる等積極的に参加し、その方針に従い、決定されたことは確実に実行する。

 

③感染管理看護師の役割・業務

 

・感染症サーベイランスの計画、実施、評価

 

・感染防止のための基準、マニュアル作成、実施

 

・アウトブレイクの調査と対策への直接関与

 

・医療従事者への教育

 

・相談、コンサルテーション

 

・臨床実践分野の研究

 

・各種感染問題に関する委員会のマネジメント

 

④滅菌・消毒は、その物品に対して最も適切な方法で行い、点検する。

 

⑤病院職員は個人衛生を守り、つねに健康の保持・増進につとめる。

 

⑥看護師は以下の点を常に確認し、実行する。

 

・医療器具を滅菌・消毒した場合、その物品の保管を厳重にし、有効期限を守る。

 

・治療、処置を介助する場合、その前後に必ず手洗いをし、無菌操作で行い、患者間の感染を予防する。

 

・患者を常に観察し、異常を早期に発見、報告し、それに対処する。

 

・患者の使用する便器、尿器、洗面器、洗面用具は患者専用にする。やむをえず共用する場合は、消毒する等配慮が必要である。感染症患者に使用する場合は専用とする。

 

・環境を常に整備する。室内の換気をする等、患者の周囲を清潔にする。掃除をするときは、ほこりをたてないよう静かに行う。

 

・面会者の健康状態にも注意し、感染しやすい小児や感染症が疑われる者は病室へ入れない。

 

・患者とその家族には院内感染についての指導を行う。

(院内感染の知識や予防のための手洗いやうがいの必要性、方法等)

 

⑥その他

 

外来、検査室、事務部門等とつねに連絡・連携をとり、情報交換や協力を得る。