鼻腔内・気道内に分泌物が多く粘ちょう度が高く自力で喀痰出来ない場合や、喀痰出力の低下、喀出不可能な場合(全身衰弱、意識レベルの低下、呼吸筋麻痺、手術に伴う麻酔未覚醒など)に吸引を行い、鼻腔内・気道内に分泌物や貯留物を除去します。

また、吸引実施により気道閉塞の予防や肺換気の改善につながります。そして、呼吸器合併症(無気肺や肺炎等)の予防・改善につながります。

 

また、咳嗽や喘鳴出現時や痰貯留音出現時に吸引を実施すると効果的です。喘鳴や痰貯留音の出現がなくても、呼吸困難時やSpO2低下時には吸引を行い、呼吸状態を改善していく必要があります。

 

1目でわかるこの記事の内容!

<必要物品>

 

・吸引器(少量の水道水を入れる)

⇒吸引びんに吸引する量はびんの容積の約70%です。

・吸引用ゴム管・吸引用カテーテル(12Fr,14Fr)

・吸引用カップ・アルコール綿・ゴム手袋・膿盆

 

<手順>

 

1、 物品を準備します。

① 吸引ボトルに少量の水道水または0.2%程度の低濃度の消毒液を少量入れます
(吸引ボトルへの痰のこびりつきを防止するためです)

② 吸引機を中央配管のハンガーに接続し、アダプターをアウトレットに差し込みます。

③ 電源のスイッチを入れたとき、作動音に異常はないか確認します。

④ 吸引機の圧力調節ダイアルを回し、吸引用ゴム管の先端を指でふさぎ真空圧力計のメーターは上昇するか確認します。

 

2、 患者様の準備をします。

① 患者様に吸引の説明を行います。意識のない患者様にも必ず声かけをしましょう。患者様とご家族に承諾を得ます。

② 咳き込みが出来る患者様は何回か咳嗽をしてもらい、排痰を促してもらいます。

③ 吸引を効果的に行うために、体位ドレナージ、呼吸理学療法(深呼吸、スクィージング*など)吸入を併用します。

* スクィージングとは、呼気に合わせて胸郭を圧迫することにより、排痰および換気を促進する方法です。

3、 衛生学的手洗いを行います。

4、 両手にゴム手袋を装着します。

5、 カテーテルの封を3分の1程度開け、カテーテルの先端が不潔にならないように、吸引用ゴム管接続口に吸引用カテーテルを接続します。

6、 カテーテル接続部を折り曲げ、吸引圧調節ダイアルを回し吸引圧を200mmHgに調節します。
吸引圧200mmHg⇒鼻腔から気管支までは粘膜と粘液で覆われており、高い吸引圧では粘膜にカテーテル先端が吸着し、損傷する危険性があります。

 

7、 カテーテルのすべりを良くするために少量の水道水を吸引します。

8、 カテーテル接続部を聞き手の反対の手の母指押さえて吸引圧を調節し、利き手はカテーテルの先端から5cm付近を持ちます。

9、 カテーテルを鼻腔内のカーブに合わせ、折り曲げたまま15~20cm挿入し、先端を咽頭まで勧める。
挿入長さが15~20cm⇒気道は鼻腔から咽頭・喉頭を経て気管・気管支までとさらに分岐した終末細気管支までを言います。15~20cmは成人の鼻腔入り口から咽頭部までの距離の目安です。

 

 

10、カテーテル接続口を押さえている母指をはなし、カテーテルを回転させながら吸引します。回転させることで気道粘膜の損傷を防ぎます。

11、 1回の吸引時間は10~15秒とします。吸引は分泌物だけでなく、気道内の酸素も吸引してしまうため長時間の吸引は低酸素状態を招く危険性があります。

12、 カテーテルを抜き取ったら付着した分泌物をアルコール綿でふき取り、水道水を吸引し水道水を流します。

13、 吸引を数回繰り返して行う場合は、必ず患者様の呼吸状態が落ち着いてから吸引を続けます。また、1回目の吸引時にアルコール綿でふき取ったカテーテル部分が水道水入りのコップにすべて浸るようにし、アルコール分を落としてから使用します。

14、 吸引が終わったら、スイッチを切り、患者様のSpO2、呼吸状態、分泌物の量や性状を確認します。

15、 手袋、カテーテルを感染性廃棄物として廃棄します。

16、 衛生学的手洗いを行います。