cd59b9bff38a8bebde2856ecc9a489a7_m

 

病院で医師から処方される内服薬、貼付薬、点眼薬などは全て医療用医薬品として厚生労働省に認められています。

医療用医薬品は先発医薬品(新薬)と後発医薬品に分けられます。

この後発医薬品のことをジェネリック医薬品と呼びます。

ではジェネリック医薬品は新薬に劣るのでしょうか。

結論から言うとそんなことは全くありません。

今回はジェネリック医薬品について分かりやすく解説します。

新薬は開発に10-30年かかり、開発に必要なコストも数十億から数百億円かかると言われています。

新薬が病院で使われるようになるためには、基礎研究や臨床研究を通して安全性、有効性を確認しなくてはいけないので多大な時間とお金がかかります。

そのため新薬の値段は高く設定され、一定期間は他社が類似品を販売できないように国から特許が認められます。

しかし、この特許が切れるとジェネリック医薬品の販売が許可されます。

新薬とジェネリック医薬品の共通点は、同じ成分を含み、同等の効果や効能、安全性が確認されているところです。

ジェネリック医薬品は、すでに認可されている新薬の成分を含み、効果や効能も同等であると認められているのでお金のかかる臨床研究などは省くことができます。

そのためジェネリック医薬品は低価格で販売されます。

実際に、国はジェネリック医薬品の価格を新薬の2-7割に設定することが多いです。

ジェネリック医薬品と新薬の大きな違いは、この価格の違いです。

価格が安いので、増え続ける国の医療費を抑えることができるだけでなく、患者さんの自己負担も抑えることができます。

特に高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、骨粗鬆症など長期に薬を必要とする患者さんにとっては、ジェネリック医薬品の方が自己負担額をより抑えられます。

このことから国はジェネリック医薬品を推奨しており、病院からの処方箋に医師のジェネリック医薬品への変更不可のサインがない場合は、処方箋薬局で患者さん自身がジェネリック医薬品を希望することができます。

最近では薬局にジェネリック医薬品を勧められることも多いです。

また、ジェネリック医薬品は新薬を踏まえて工夫を加えることができます。

具体的には、錠剤で飲みにくかったものを口腔内ですぐに溶ける形状に変える、大きすぎたり小さすぎたりして扱いづらかった錠剤を適当な大きさに変える、味が苦かったので飲みやすいように添加物を変更する、貼付薬では剥がしにくかったテープの形状を変えるなどです。

もちろん形や大きさが変更されていても、新薬と同じ成分を含み、安全性や有効性は認められています。

このようにジェネリック医薬品は新薬と同じ成分を含み、効果効能、安全性は同等であるのに、新薬に比べて低価格であり、医療費や自己負担額を抑えられることが分かりました。

このような理由から、今後もジェネリック医薬品の使用が増えていくことが予想されます。