治療上必要になった場合は尿道にカテーテルを留置します。

その場合は感染や結石といった合併症を防がなければなりません。そのためにカテーテル留置中の注意事項、観察、感染と結石を予防するための管理について説明します。

また、術後の回復、褥創や創部等の改善が見られてくると、尿道留置カテーテルは不要になるため抜去していきます。尿道留置カテーテル抜去方法について説明します。

 

 Ⅰ、カテーテル留置中の注意事項

1、 カテーテルを強く引っ張り過ぎないようにします。
・寝返りを打つくらいの動作は問題ありません。しかし、強く引っ張ると膀胱や尿道を傷つけてしまいます。
2、 違和感が強い場合は自分で触らず、看護師に相談してもらうように説明します。
・挿入部が不潔になると感染の原因になってしまいます。
3、 閉鎖式道尿場バックは患者様の膀胱より低い位置に保ちます。
・尿の逆流による感染を防ぎます。特に歩行時や車椅子移乗時に注意が必要です。
4、 カテーテルの閉塞や屈曲を予防します。
5、 尿量を確保するために、水分を十分に取ってもらいます。
・ただし治療上の飲水制限がない場合に限ります。尿量が得られることで感染を防ぐことが出来ます。

 

Ⅱ、カテーテル留置中の観察

 

1、 留置1時間後は必ず尿の流出状況と性状を確認します。
2、 尿量の流出状態やカテーテルのねじれや圧迫、接続部がはずれがていないかチェックします。
3、 1日1回決められた時間に尿を廃棄します。
・ 廃棄時に尿量、色、混濁の有無、血液や浮遊物の有無を確認します。
4、 患者様の下腹部通や不快感等の訴えや発熱に注意します。
・ 発熱がある場合は尿路感染症が疑われるため医師に報告します。

 

Ⅲ、感染と結石を予防するための管理

 

1、 外尿道口の清潔を保持します。
・ 女性は肛門の方向に向かって上から下へと洗浄します。小陰唇を洗浄した後カテーテルの下(肛門側)に移動して尿道口周囲を洗浄します。
・ 男性は包皮をめくり、カテーテル周囲を洗浄します。次に尿道口の部分を円を描くように洗浄します。
2、カテーテルと蓄尿バックは尿が膀胱へ逆流を起こさないように管理します。
・ 蓄尿バックが床につかないような高さにします。
・ 蓄尿バックは膀胱より低い位置に保ちます。
・ カテーテルを必要以上に長くしてベッドサイドにぶら下げないようにします。
・ 検査やリハビリ前には蓄尿バックを空にしておきます。
3、 水分摂取を促し、十分な尿量を確保しカテーテル閉塞の予防をします。
4、 カテーテルと蓄尿バックを定期的に交換します。
・カテーテルの材質によって細菌や塩類の付着に違いがあり交換時期が異なります。2~4週間に1回は交換します。しかし、尿の混濁や浮遊物がある場合はカテーテルの閉塞を起こしやすいため適宜交換します。

 

Ⅳ、尿道留置カテーテル抜去方法

 

 <必要物品>

・ 処置用シーツ
・ 注射器(10ml)
・ 手袋
・ ティッシュまたはトイレットペーパー
・ バスタオル
・ 廃棄用ビニール袋

 

<手順>

 

1、 患者様に尿道にカテーテルを抜去することを説明し承諾を得ます。また、意識のない患者様にも声かけを行います。
2、 衛生学的手洗いを施行します。
3、 必要物品を準備します。廃棄用ビニール袋は広げておきます。
4、 カーテンを閉めるなどしてプライバシーを保護します。
5、 患者様の体位を整えます。
・ 男性の場合:仰臥位で下肢は伸ばしたままにします。
・ 女性の場合:仰臥位で膝を立て、股関節は外転・外旋させます。
6、 臀部下に処置用シートを敷き、下着を取ります。この時露出は最小限になるように、下肢はバスタオルで覆います。
7、 カテーテル内の尿を出来るだけ蓄尿バックに移しておきます。
8、 固定しているテープをはずします。
9、 滅菌蒸留水注入口に記載してある注入量を確認します。
10、 注射器を滅菌蒸留水注入口に差し込みます。

 

 

11、 自然にバルン内に注入されていた滅菌蒸留水が出てきます。その後軽く陰圧をかけて内筒を引き注入量の滅菌蒸留水を抜きます*。
*固定していたバルン内の滅菌蒸留水を必ず抜くことでカテーテル抜去時の尿道損傷を防ぎます。
12、 患者様に口から「ふー」と息を吐くように声をかけます。
13、 陰部にティッシュ等をあててカテーテルをゆっくり抜きます。
14、 抜いたカテーテルを自分の掌内に包むようにして持ち、手袋をはずします。
・尿の飛び散りを防ぎます。
15、 陰部の汚れをふき取ります。
17、もう片方の手袋をはずします。
18、患者様に終了したことを告げ、衣服や体位を整えます。
16、 廃棄用ビニール袋に蓄尿バックとカテーテルを入れて医療用廃棄物として処理します。
17、 手洗いを施行します。
18、 記録を行います。
19、 抜去後数時間後に必ず排尿があるか確認します。